アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホームスピーカー・システムDiapason ディアパソン/KarisIII カリスIII スピーカー・システム(ペア)
商品詳細

Diapason ディアパソン/KarisIII カリスIII スピーカー・システム(ペア)[KarisIII]

販売価格はお問い合わせください。
標準小売価格: 520,000円

価格は、どうぞご相談下さい。

Diapason ディアパソンは'87年、レコーディング・スタジオで実績を積んできたアレッサンドロ・スキアーヴィ Alessandro Schiavi が創設。

KarisIII カリスIIIは上級機Astera や、かつてわが国でも人気を博したAdamantes のエッセンスを受け継いでサイズをスモールダウンしたモデルです。
無垢のハードウッドを使い、大胆な断面で面取りカットした、木目の美しいエンクロージュアはまるで楽器のように作り出され、接着・乾燥を繰り返ししながら、その完成にはおよそ6か月を要します。

熟練の木工職人によって無垢のウォルナット材で一部の隙もなく組み上げられたエンクロージュアは極めて強固で、各部の厚みを変えることで余計な共振による歪みの発生で起こる色付けを抑えています。

四角く平べったくて広いフロントバッフルは、反射を含めてドライブ・ユニットから出る音のほとんどを前方に放射するため、音が積極的に前に出てくる、俗に音像タイプと呼ばれる聴こえ方をします。
これに対して、ざっくりと大きく角を落としてバッフルの平面を極力小さくすることで、音の拡がりを妨げず、さらにエンクロージュア・エッジでの回折現象の弊害も低減させています。

Diapason は、この「ダイヤモンド型多面体形状」はドライバーユニットからの無垢な音をリスナーに届け、ポイントソース(点音源)に近付けるのが目的で、それにより音の視界からスピーカーが消えるのが理想である、としています。

ネットワークにも秘訣があります。

自作派の方は頷かれると思いますが、ウーファーのほうにはハイカット用のコイルやコンデンサーは一切入っていません('Diapason Direct Drive')。
通常それをやると、カットされないウーファーの上限周波数帯域で音が暴れてしまいうるさくて使い物になりません。
それを避けるにはユニット自体をハイカットフィルター無しでもメカニカルに上限帯域が減衰していくように設計する必要があります。
そうしてフィルター素子介在を排除してダイレクトにアンプで駆動されるドライバーユニットは、素子による不可避な歪みや損失,位相回転などから解放され、生き生きと鳴ることが出来るのです。

メーカーが制作したムービーがありますのでご覧下さい。フィロソフィーが分かり易く紹介されています;

商品詳細
形式:2ウェイ・バスレフ
ユニット構成:T: 22mm/ シルク・ドーム、W: 110mm/ ポリメチルベンテン・コーン
感度:87dB
インピーダンス:
外形寸法/ 重量:W190×H285mm×D260/ 5kg
(画像をクリックすると大きく見られます)
イタリアならではの造形、伝統の木工技術が生きています
(画像をクリックすると大きく見られます)
中央が創業者のアレッサンドロ・スキアーヴィ。
さすがスタッフのファッションも一味違う、美女&イケメン揃いでちょっと出来過ぎ?
日本のメーカーさんだとどうでしょうか?うん、やっぱりやめておいたほうがいいでしょう..。