アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | レコードケア用品 > 静電気対策Analog Relax アナログリラックス/Anti-Static Brush 除電ブラシ
商品詳細

Analog Relax アナログリラックス/Anti-Static Brush 除電ブラシ[Anti-Static Brush]

販売価格: 5,800円 (税別)
数量:
Analog Relax アナログリラックスはレコードをこよなく愛する万木(ゆるぎ)康史氏が、本当に自分が欲しいと思う、かつ他に無いアナログ関連アイテムを製品化しているメーカー。

記念すべき第一作がこの除電ブラシ(静電気除去ブラシ)です。
じわじわと人気が上がって、今ではこの種のブラシの代表的製品と言えるまでになりました。アナログリラックスというメーカー名がアナログ・ファンのなかに浸透していくきっかけを作ったヒット製品です。


静電気の発生するメカニズムは様々ですが、レコードに関係するのは下図の「剥離帯電」と「摩擦帯電」です;

例えばレコードが収められているポリ内袋からレコードを取り出しただけで、3,000〜20,000Vもの静電気が発生します。
重ね合った二つのものが剥離するとき(レコードをポリ内袋から取り出すとき)に、材質によりそれぞれ+と-の電荷に分かれて帯電します。これが剥離帯電による静電気です。

そこでアナログリラックスの除電ブラシは主に以下の目的を目指して開発されました;

1)レコードをジャケットから取り出したときの除電
2)聴き終えたレコードをジャケットに仕舞う前の除電

ブラシの素材には直径0.03mm という超極細の<除電>繊維を100%使用しています。
この繊維は三菱ケミカル(株)が開発したもので、電子機器の基盤などを製造するクリーンルーム内や、塗装前のほこりを取る現場など、静電気の除電が必須な場所で産業用途として利用されています。
毛先がレコードの盤面に触れることにより、静電気を空気中にコロナ放電して除電します。
この繊維を民生用のブラシとして初めて採用しました。

その効果を示す実験動画がありますのでご覧下さい;

LP盤の音溝は平均約0.05mm 幅と言われます。
アナログリラックス除電ブラシの繊維は、その音溝よりも細い直径0.03mm ですから、音溝に入り込んで微細なほこりを掃き出すことが可能なわけです。

このブラシの基本的な使い方をメーカーが動画にしました。
静電気除去にはブラシの毛先を立てて先端が軽く当たるか当たらないかくらいのところで盤面に軽く触れるのがコツです(毛先の中心に導電性の芯があり、ブラシの毛を寝かせると効果が半減します);


盤面のほこりが線状に集まって残り最後なかなか除去できないことがよくありますね。そんな時には次の動画の方法をお試し下さい;