アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホームアナログ・プレーヤーTechDAS テクダス/Air ForceV アナログ・プレーヤー(アームレス)
商品詳細

TechDAS テクダス/Air ForceV アナログ・プレーヤー(アームレス)[Air ForceV]

販売価格はお問い合わせください。
標準小売価格: 1,150,000円

販売価格は、どうぞご相談下さい(写真のアームは付属しません)。

西川英章氏らにより輸入代理店であるステラヴォックスジャパンが設立されたのが1989年、その後2012年には社名が変更となり現在のステラとなります。
そして近年になっていよいよ自社ブランドであるTechDAS が始動します。手始めはD/Aコンバーターでした。

H.Nishikawa, founder

西川氏はかつてアナログ・プレーヤー全盛期に代表的メーカーとして絶大な人気を誇ったマイクロ精機で技術部長,役員を歴任、今でも語り草となっているSX-8000 プレーヤーの開発にも携わった人物で、ステラには他にもテクニカルアドバイザーの功刀氏、技術マネジャーの豊田氏と、西川氏と同じく旧マイクロ精機に在籍したエンジニア達が参加しています。
そうなると、彼らが、かつてのマイクロの衣鉢を継ぎ、復興してさらに発展させることを念願とし、長年水面下で準備しつつ、機が熟すのを待っていたであろうことは容易に想像が出来ます。

そして満を持して自社開発プレーヤーとして考え得るすべての技術を投入し、ほぼ価格度外視で完成したのが、Air Force Iでした。
さらにその後も開発の手を休めることなく、同様の機能・性能を維持しながら無理のないコストカットを施したAir Force II,Air Force IIIと開発を続け、このたびいよいよハイエンドのなかでも何とか手の届く「現実的」価格帯にまでもってきたことには強い信念さえ感じます。
Air Force V、これがそのモデル名です。IIIからVに飛んだのは、ご想像の通り、日本ならではの「4」という数字への縁起を担いでのことだそうです。

TechDAS Air Force シリーズのターンテーブルは、回転するプラッターを空気の力により浮上させレコードとプラッターからなる回転部を機械的にアイソレーションするエアーベアリング機構と、レコード盤をバキュームの力でプラッターに吸着させるエアーバキューム機構からなる独自のエアフォース・テクノロジーの搭載がすべてのモデルに共通する特長となっており、Air Force Vも例外ではありません。規模や仕様は異なるものの、トップ機Air Force Iと同じ機能を有するだけでも、他社には無い大変なメリットです。

しかもAir Force Vではそのエアフォース・テクノロジーはもちろん、今まで外部に別置きする駆動モーターをも本体内部に収めて、実にまとまりよくコンパクト化されたのが大きなトピックです。
Air Force III本体と同サイズにすべて収めた形で、ドライブモーターの低振動制御化と高性能懸架方式の開発により可能となりました。
重量はあるものの、取り扱い易いこのコンパクトなサイズは一般的な環境では大いに歓迎されるでしょう。

しかもAir Force IIIと同じくシリーズ最多、4本までのアームを取り付けることが出来ます(アームベースは1個、取り付けるアームに合わせた加工込みで付属します)。


[その他の特徴]

  • 精密加工の超々ジュラルミンをコアにしたシャーシに、アルミニウムとステンレスを効果的に配したフレーム構造を開発
  • アルミ合金製の重量級プラッター(7kg)
  • 新開発の布ベルトによるサブプラッタードライブ方式
商品詳細
駆動方式:ベルト・ドライヴ
回転数:33 1/3,45RPM (スイッチ切替え式)
モーター形式:ACシンクロナス・モーター
ワウ&フラッター:0.03%以下
プラッター:アルミ合金製(7kg)
トーンアーム:アームレス
外形寸法/ 重量:W312×D368×H168mm/ 18kg(本体)、W350×D270×H160mm/ 9kg(電源・ポンプユニット)