アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | フォノ・カートリッジ > MCPlatanus プラタナス/3.5S MCカートリッジ
商品詳細

Platanus プラタナス/3.5S MCカートリッジ[3.5S]

販売価格はお問い合わせください。
標準小売価格: 240,000円

Platanus プラタナスは、2016年設立、生まれたての純国産カートリッジメーカー。
但し主宰する助廣哲也氏は既に長年、数多くの国内外著名ブランド・カートリッジの設計・製造に携わり、現在30代後半ながら多くの実績を積んできた期待の新星、いや超新星なのです。
プラタナスというのは、彼の工房(かつ、住まい)のある場所にちなんで名付けられたそうです。

ブランド・ポリシーは「音楽そのものに忠実であること」。
制作者として目指すところを彼自身の言葉でご紹介しましょう:
「オーディオ機器において、ハイファイ——High Fidelity とは音源の信号に忠実な再生を意味します。しかしレコード再生では、音溝を正しくトレースしさえすれば良い音がするかというと、必ずしもそうとは限りません。まるで楽器のように、部品の材質やネジの締め方などさまざまな要因が再生音に影響を及ぼすため、フォノカートリッジの設計にはそれらをどう活かすかが問われます。
PLATANUS は、音楽のパッションに対してハイファイでありたいと考えます。レコードに込められたエネルギーをただ音の情報として羅列するのではなく、リアルな質感を持つ生きた音楽として引き出すような製品を、自らの手で一つずつ作り上げています。」

プラタナスの処女作はMCカートリッジ2.0S。高い完成度でいきなりMCカートリッジ・トップグループの仲間入りを果たしたことはまだ記憶に新しいところですが、このたびその弟分、3.5S が発売されました。

ニューモデルの3.5S は、2.0S 開発の過程で得られた知見をもとに、上級機と同じ高みを目指しながら、極力コストを抑えるという難しい挑戦をも行って、見事、その答えとして完成されました。

2.0S では2種類のアルミニウム材を組み合わせ、少々自重がかさむのもいとわずに高い剛性をもつ理想を目指したボディ,構造を採っていましたが、3.5S ではこれをA6063 アルミニウム合金削り出し一体成型ボディとし、端子板部分に真鍮製支柱を入れることで更なる補強・制振を実現しました。
その結果、自重は2.0S より4g 軽い12g となり、トーンアームの適合でも使い易さが増しました。

また、贅沢にも2.0S 同様の高剛性磁気回路を搭載。
カンチレバーには新たにボロンを採用、針先はラインコンタクトとしています。
インピーダンスは4Ωと若干増やし、十分な出力を取れるようにしたことも音質上の特徴となるとともに、使い易さにも通じています。

店主おススメ。

商品詳細
発電方式:MC 型
出力:0.4mV (1kHz, 3.54cm/sec)
周波数特性:10〜50,000Hz
インピーダンス:4.0Ω
チャンネルセパレーション:30dB以上 (1kHz)
チャンネルバランス:0.5dB以内 (1kHz)
コンプライアンス:7.0X10(e-6)cm/dyne (100Hz)
適正針圧:1.9〜2.1g (2.0g 推奨)
スタイラス形状:ラインコンタクト・スタイラス (曲率半径3㎛×30㎛)
カンチレバー材質:Φ0.26mm ボロン
マグネット材質:ネオジミウム
ボディ材質:A6063 アルミニウム合金
重量:12g