アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | フォノ・ステージ&MCトランス > フォノ・ステージ(フォノイコ)Boulder ボルダー/508 フォノ・ステージ
商品詳細

Boulder ボルダー/508 フォノ・ステージ[508]

販売価格はお問い合わせください。
標準小売価格: 700,000円

Boulder ボルダーの最新フォノステージ・アンプ、508 です。

同社は 2002年にスーパーハイエンド・フォノステージ2008 を発売し、ハイエンド・フォノステージの先駆けとしてセンセーショナルな話題を提供、その8年後には1000シリーズ・ファミリーの1008 を発表しました。
そして今度は新しい500シリーズの最初の製品としてフォノステージ・アンプ、508 の登場となりました。
ちょうど8年ごとに新しいフォノステージを開発していることになります。ボルダーらしい着実な歩みではありませんか。

508 はご覧のとおり、コンパクトでシンプル。必要最小限のもの以外は何もついていません。
小さくはありますが決して普及機ではありません。それは価格を見ても明らか、ですね。
これはボルダーの新たな挑戦と言ってよいでしょう。いつもは大きさも回路構成も大規模で機能も充実、アメリカン・ハイエンドの王道を行くのが常でしたが、この500シリーズではすべて正反対のアプローチ、即ちコンパクト,シンプルを極めて最高峰を狙うようです。

コンパクトな筐体はボルダーお得意のメタルワークを活かしたアルミ削り出し。小型なだけにその強靭さは大型機の比ではありません。外来ノイズに対して強いのは言うまでもありません。


上の写真、リアパネルをご覧下さい。
実にシンプル、信号系は入力と出力が各1系統のみ。しかもすべてXLR バランス端子。これはボルダーでは当たり前で、回路自体が常に完全なバランス構成を採っているため、バランス入出力が基本なのです。最近注目されているMCカートリッジのバランス接続が標準となります。

回路はチップ部品で構成される表面実装基板構成。経路が短く、外来ノイズにも強いのが特長。
回路上のキャパシタンスとインダクタンスの低減効果もあります。

商品詳細
入力:XLR バランス×1
出力:XLR バランス×1
周波数特性:20〜20,000Hz (±0.5dB)
全高調波歪率(THD):0.01%
チャンネルセパレーション:100dB 以上 (20〜20kHz)
出力インピーダンス:100Ω
負荷インピーダンス:MM:47kΩ、MC:max 1kΩ
外形寸法/ 重量:W292×D241×H58/ 5.2kg