アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | フォノ・ステージ&MCトランス > フォノ・ステージ(フォノイコ)Audio Design オーディオデザイン/DCEQ-1000 フォノ・ステージ
商品詳細

Audio Design オーディオデザイン/DCEQ-1000 フォノ・ステージ[DCEQ-1000]

販売価格はお問い合わせください。
標準小売価格: 1,000,000円

Audio Design オーディオデザインは、大藤 武氏が2004年に創業したオーディオ・メーカー。
大藤氏は大手半導体メーカー等で集積回路開発に従事、とくにIC基板の製造に関するフォトリソグラフィ技術の専門家として日・米の先端技術開発プロジェクトでリーダー的役割を果たし、関連技術研究で工学博士号を取得しています。
華々しくもちょっと特殊な経歴をもつ彼が、ミクロの最先端技術から、なぜオーディオといういわばマクロのローテク技術へと転身を図ったか? 小学校の頃から秋葉原部品街に通う大の自作派が、再び古巣のオーディオに戻って起業したのだそうです。

元々理論派の大藤氏が作る製品は特性に優れるのはもちろん、使い古された回路をただ踏襲するのではなく、独自の視点で常に新たな技術を導入、オンリーワンの魅力を備えています。

DCEQ-1000 は、同社初の1000番台フラグシップ・モデル。それがフォノイコからスタート、というのは私どもとしては嬉しいところです。

主な特徴は以下のとおり;

・MC,MMそれぞれ専用のイコライザーアンプを搭載
・バランス入出力を備えたフォノイコ
・プリアンプ機能の搭載(ライン入力、ヴォリューム・コントロール、リモコン)
・MM用に新開発の電子式連続可変容量回路を搭載
・カートリッジの周波数特性測定が可能
・従来のRCAケーブルでバランス入力受けが可能(MC)
・全段独立グラウンド・システム


では、詳しく見ていきましょう。

  • MCカートリッジ用イコライザーアンプ部


    MC専用イコライザーアンプ部(これで片チャンネル分、hot/cold とも。上下2段で両Chを構成)

    完全ディスクリート構成、完全バランス構成アンプ、イコライザー回路は1段RIAA補正NF型。

    入力はXLR端子はもちろん、RCA端子でもバランス受けが可能で、下図のようにフォノケーブルの周囲にアルミホイルを巻き、一端をケーブルでDCEQ-1000 のアース端子に接続します。
    こうした自作派なら試してみるような内容も、大手メーカーにはないオーディオデザインならではの視点です。


    カートリッジの負荷インピーダンスは、フロントのノブでHigh/Low(目安、100Ω/10Ω)に切り替え可能。

    また、ユニークなのがフォノアンプ回路から直接出ている出力端子。これにもRCAとXLRバランスが用意されています。
    ダイレクトな信号が出力されるので、デジタル系に送って録音するような用途に好適です。
    これはMMイコライザーアンプ出力も同じです(こちらはアンバランス・シングルエンド)。


  • MMカートリッジ用イコライザーアンプ部


    MM専用イコライザーアンプ部(片チャンネル分、上下2段で両Ch)

    RIAA補正は2ステージで行うNF型。表面実装のディスクリートアンプ・ユニットを上の写真の基板下に各チャンネル3つ抱えています。


  • 新開発の電子式連続可変容量回路

    容量(パーツで言うコンデンサーの役割)を連続可変出来る回路で、コンデンサーでは不可能なマイナスの容量も可能。
    この機能を利用して、MMカートリッジの負荷容量調整を行い、周波数特性のピークを無くすことが出来ます。

    この機能は今回のハイライトともいえ、世界的に見てもフォノイコとして初の試みです。
    MCに対してどちらかというと2番手に見られているMMカートリッジに光を当て、通常ならMCカートリッジの負荷インピーダンス整合に当てられる焦点を、MMのキャパシタンス調整という形で、しかも聴感で何となく合わせるのではなく、FFTアナライザーと液晶表示パネルまで用意して正確に追い込むというところは、まさに設計者・大藤氏の面目躍如というべきでしょう。



    従来のMM負荷容量調整: ピーク周波数の調整


    DCEQ-1000: 可変容量回路により容量キャンセルし、周波数ピークも解消


    [電子可変容量機能の効果]

    以下のグラフは可変容量機能を使ってMMカートリッジの周波数特性のピークを無くす例です。
    *カートリッジ+ケーブルの合計負荷容量が100pF の場合。連続スイープ周波数信号を記録したテストレコードを使用(周波数値はスポット状に表示されています);


    100pF +100pF


    100pF +300pF


    100pF -100pF: 周波数ピークが解消しフラットになり、高域へも伸びています


  • プリアンプ機能を搭載

    フォノ入力とは別にライン入力を1系統装備。ヴォリュームとリモコンも備えていますので、シンプルなプリアンプとして使うことも可能です。
    主にレコードを聴いて、デジタルはCDプレーヤー等1系統あればよいという方には、別にプリアンプ購入の必要が無く、お得です。


  • 液晶パネルで各種測定・調整が可能

    内蔵するFFTアナライザーとフロントパネルの大型液晶表示パネルを使って、以下のような測定が出来ます;

    ・カートリッジの周波数特性測定(上記)
    ・カートリッジのクロストーク特性測定
    ・周波数スペクトル測定 ・レベルメーター表示



    カートリッジの周波数測定


    カートリッジのクロストーク特性測定


    周波数スペクトル表示の例(ライン入力に発振器の出力を入れて表示)


    レベルメーター表示の例


  • クリーン・グラウンド電源

    電源部整流回路のグラウンド(アース)とアンプ回路のグラウンドを切り離し、各アンプごとに独立のグラウンドを形成。
    これにより各アンプごとに独立電源を採用したのと同等となります。

店主おススメ!

商品詳細
入力:RCA×3, XLRバランス×3
出力:RCA×3, XLRバランス×3
SN比:MM:84dB、MC:76dB
RIAAカーブ偏差:±0.5dB
入力インピーダンス:MM: 47kΩ、MC: 10Ω, 100Ω
外形寸法/ 重量:W461×H137×D394mm/ 15.4kg