アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | フォノ・カートリッジ > MCAnalog Relax アナログリラックス/EX3r MCカートリッジ
商品詳細

Analog Relax アナログリラックス/EX3r MCカートリッジ[EX3r]

販売価格: 300,000円 (税別)
数量:

Analog Relax アナログ・リラックスは万木康史(ゆるぎ やすし)氏が主宰するアナログ・オーディオ専業ブランド。
社名のZoot Communication ズートコミュニケーションからも分かるように、ジャズ・サクソフォン奏者ズート・シムズを心から愛する熱烈な音楽ファンでもあります(ずぅーっとコミュニケーション、とも掛けてあります)。

処女作KOI-OTO カートリッジシリーズは、幅広い音楽ファンの支持を得てヒット作となり、続いて発表された上級機EX1 ではまた違った境地を拓きました。
そして今回、EX3 の発売となりましたが、これには兄弟モデルEX3r も同時発売となりました。
型番としては見落としそうな「r」が付くか付かないかの違いですが、実はこの兄弟、結構性格は異なっています。


  • 敢えて「丸針」の採用

    EX3 と異なるのは針先形状。EX3r では敢えて丸針を採用しています。
    敢えて、と言ったのは、通常、丸針は最もベーシックなモデルで使われる針で、それ以上は楕円針が使われます。
    細部の再現,高域の伸びなど、特性上楕円針が優れるためですが、一方でDENON DL103 やOrtofon SPU #1S などのように丸針を使って他では得難い味を出している例もあります。丸針ならではの音、もあるわけです。

    また、ステレオ初期、1950年代末から60年代辺りはまだモノラルの名残もあって丸針が主流でした。ということはレコード盤も丸針での再生を前提に作られていたわけで、その意味では丸針で再生するのが本筋とも言えます。
    この頃のステレオ盤の再生に、また同時期のモノラル盤でもしっくりくるはずです。

  • EX1 から受け継いだ強力な発電部

    発電部は上級機EX1 で開発された技術をベースにしました。ただでさえ強力なネオジミウム磁石を複数配置し効率の良い発電を行う発想は、これまで多数のカートリッジ製作を担ってきた職人だからこそ実現できた技術とのこと。
    この強力な磁力のお陰で、スタイラスから伝わるカンチレバーの僅かな動きを鋭敏に捉え、俊敏に音へと変換します。

  • 純銀線コイルの採用

    銀は極めて抵抗値が低く導電率の高い金属として知られます。オーディオでの純銀は独自の魅力があって熱烈な愛好者も存在します。
    ヴァイオリンのボウイング,ヴォーカルの息遣い,ホールの空気感などの再現はお手のもの。
    恐らく「丸針+純銀線コイル」という組み合わせは世界初ではないでしょうか。
    これも先述の同じ理由で、丸針を使ったベーシックな機種には決して贅沢な銀線コイルが使われることが無いためです。

    ただの丸針カートリッジではありません。底力を秘めた発電エンジン,艶っぽい銀線コイルを併せ持った「故きを温ねて新しきを知る」カートリッジなのです。
    どうですか、ちょっと聴いてみたくなったでしょう?

  • 厳選無垢ウッドボディ

    EX3 では長年しっかりと寝かせたハードメイプル材を使用。楽器に幅広く活用される木材で、樹脂や金属などの固有の振動がなく、より自然な響きが得られます。

そして、EX1 は手が届かないと感じた方にも、より身近になった価格。これも嬉しいですね。

店主おススメ。

商品詳細
発電方式:MC型
出力:0.45mV 以上(1kHz)
インピーダンス:15Ω
適正針圧:2.0g
スタイラス形状:丸針(0.7mil)
カンチレバー材質:アルミニウム
コイル素材:純銀
マグネット材質:ネオジミウム・マルチマグネット
ボディ材質:ハードメープル無垢材削り出し
重量:約10g