アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | フォノ・ステージ&MCトランス > MC昇圧トランスPhasemation フェーズメーション/T-500 MCトランス(バランス伝送タイプ)
商品詳細

Phasemation フェーズメーション/T-500 MCトランス(バランス伝送タイプ)[T-500]

販売価格はお問い合わせください。
標準小売価格: 90,000円

Phasemation フェーズメーションの強みの一つは高度な巻線技術で優れたカスタム・トランスを内製出来る点。
これが最もストレートに活かされるのがMC昇圧トランスです。

T-500 は発売以来抜群のコストパフォーマンスでたちまちベストセラーとなったT-300 の上級モデルとして生まれました。

巻線構造に、従来ハンドメイドでなければ難しいとされていた自社開発の特殊分割巻線構造を量産モデルで実現。広帯域で優れた位相特性を実現しています。
これにより可聴帯域内の位相歪が減少、より明確な音像定位が得られています。

0.2mm厚の78%スーパーパーマロイコア材による大型EIコアに低損失極太銅線(1次側0.32φ,2次側0.12φ)を巻き上げることにより、業界最高クラスの低域リニアリティと低損失を達成しました。

そしてもう一つ新しい提案がバランス伝送。
一緒に使用するバランス型のフォノケーブルも発売され、今、カートリッジからバランス伝送を行う方法が脚光を浴び始めています。
カートリッジの発電は、コイルの両端に逆位相の信号が流れるバランス(プッシュプル)動作をしています。
従ってバランス伝送で送って次にくる昇圧トランスでバランス型入力で受けるのは元々当然ともいえます。
T-500 ではMCトランスとしては初めて入力にバランス・タイプのXLR(キャノン)端子を装備しました。同時にRCAアンバランス入力端子も備えていますので従来通りの接続も可能ですが、バランス型フォノケーブルを使用することで伝送ロスを最小限に抑え、さらなる高音質を実現します。

構造的には、昇圧トランスを発泡ポリエチレンフォームで支持し外部振動が内部の昇圧トランスへ伝わるのを防いでいます。
また、シャーシ中央に左右分割のシールド板を追加し聴感上のセパレーションを大幅に向上させています。

シャーシベース,カバーはそれぞれ1.2mm,1.6mm厚の鋼板に銅メッキ処理を行い、さらにこの上に塗装仕上げを施しています。
また組立にはステンレス製の非磁性体ビスを使用し、磁気ひずみの影響を最小限に留めています。

店主おススメ。

商品詳細
周波数特性:10〜50kHz (±2dB)
負荷インピーダンス:47kΩ
チャンネルセパレーション:90 dB以上
入力インピーダンス:1.5〜40Ω
外形寸法/ 重量:W174×D168×H88mm/ 2kg