アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホームCD/SACDプレーヤー&トランスポートEAR/Acute Classic CDプレーヤー
商品詳細

EAR/Acute Classic CDプレーヤー[Acute Classic]

販売価格はお問い合わせください。
標準小売価格: 890,000円

英国EAR からいよいよ新しいCDプレーヤーが発売となりました。
前作Acute 3 から満を持して、あらゆる部分をアップデートしての登場です。
スリムな外観とEARとひと目で分かるクロームメッキ・パネルを受け継いではいますが、その外観デザインは遥かに洗練されて、プロ機を中心とするEARとしては明らかに一皮むけたスマートさです。


デジタル機器であってもAcute Classic には当然のように真空管が使われています(ECC88)。アナログ増幅部があるのですから、EARにとっては当たり前なのですが。
基本回路は同社の最新DACを踏襲し、さらにリファインしています。
真空管は水平に横置きにすることで、スリムな外観を実現しています。


もうひとつ、パラヴィチーニが設計するうえで欠くことの出来ないのが出力トランス。ケンブリッジで厳格な基準のもとハンドメイドされています。
このトランスが、絶妙な設計により回路,真空管と三位一体となって、CDであってもいつものEARの音が聴こえるのです。


DACにはWolfson社製WM8741 を採用、スペシャル・サーキットと、ここでも信号トランスが使われて、どこまでもEARのオリジナリティの活きたCDプレーヤーとなっています。

フロントパネルにはヴォリュームノブがアクセントを加えていますが、これを利用してパワーアンプに直結という荒業も可能。これはちょうど同社のフォノイコと同じですね。

フロントパネルの仕上げは、標準のクロームシルバーとアルミブラック・ヘアラインからお選び頂けます。

商品詳細
使用真空管:ECC88×2
再生可能ディスク:CD
デジタル入力:SPDIF RCA×1(192kHz, 24bit まで)、SPDIF 光 TOSLINK×1(88kHz, 24bit まで)、USB×1(192kHz, 24bit まで)
アナログ出力:RCA PIN×1、XLR バランス×1
全高調波歪率(THD):0.1% (20〜20,000Hz, 5V)
SN比:95dB
消費電力:30W (スタンバイ時 0.3W)
外形寸法/ 重量:W435×H65×D285mm/ 8.0kg
付属品:リモコン