アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | フォノ・カートリッジ > 光電カートリッジ(専用フォノイコ含む)DS Audio/DS-E1 Equalizer 光電カートリッジ専用イコライザーアンプ
商品詳細

DS Audio/DS-E1 Equalizer 光電カートリッジ専用イコライザーアンプ[DS-E1 Equalizer]

販売価格: 100,000円(税別)
数量:

DS Audio は光電型フォノカートリッジとその専用フォノステージアンプを専門に製造するオーディオメーカー(神奈川県相模原市)。
その世界唯一の光電型カートリッジは技術力の高さと、類をみない音の良さで瞬く間に世界のオーディオ界を席巻しました。

かつてアナログ・レコード最盛期にわが国で開発、1960年代後半から70年代初頭までの短期間ではあったものの実用化、販売された独自方式のフォノカートリッジがありました。
光電型と呼ばれるその方式は、主流であるMMやMCなどの電磁変換タイプとは全く異なり、光源と受光素子、それにその間に置かれる遮光シャッター(スリット)で構成されます。
針先が音溝の振幅を拾うとカンチレバーに付いたスリットシャッターが振動して光量が変化、それを電気信号の変化に変換して出力するというものです。
光カートリッジということで誤解をして頂きたくないのは、決してデジタル変換しての再生ではないということ。
MMやMCカートリッジと同じく、あくまで交流電圧信号として出力する純然たるアナログであることです。

この光電式カートリッジを独自の技術で見事、当時成し得なかった完成度で蘇らせたのがDS Audio です。

ただ、従来の電磁誘導型カートリッジとは根本的に発電原理が異なるため、フォノイコライザーアンプも専用のものを組み合わせて使う必要があります。

カートリッジの新製品、DS-E1 Cartridge とともに発売されたフォノイコライザーアンプがDS-E2 Equalizer。

価格はこれまでベーシックだったDS002 Equalizer の半額を大きく下回る金額!
少しでも多くの方に優れた光電カートリッジを聴いてもらいたい、との熱意には頭の下がる思いです。

DS-E1 Equalizer では、オペアンプを採用することでコストダウンを図るとともに大幅な小型化を実現しました。従来のDS002 Equalizer の1/3近い大きさとなっていますので、設置場所の確保が楽です。

フロントパネルには厚手のアルミ削り出し材を使用、上級機DS002 Equalizer と同等のつくりとなっています。

光電カートリッジは超低域までフラットに再生するため、反りの大きいレコードではウーファーが大きく揺さぶられることがあります。
そうした際に使用するローカットフィルターを入れた出力端子(RCA ピン)をもう一組装備、リアパネルのスイッチで切り替えられるようになっています。

*光電カートリッジの注意点

  • 光電カートリッジはMMやMCのような電磁誘導型カートリッジとは発電方法が異なりますので、従来のフォノイコライザーアンプに繋ぐことは出来ません。必ずDS Audio カートリッジ専用のイコライザーアンプと組み合わせて使う必要があります。
    同時に発売されたカートリッジのDS-E1 Cartridge はもちろんベストペアですが、DS Audio の他のカートリッジと組むことも可能。例えばひとつ上級のDS002 Cartridge と組み合わせてカスタム・アップグレードシステムとすることも出来ます。
商品詳細
発電方式:光電型
出力:RCA ×2 (一組はローカットフィルター入り、スイッチにて切替え)
定格出力:500mV 以上(1kHz)
出力インピーダンス:120Ω
外形寸法/ 重量:W200×H70×D160 mm/ 1.4kg