アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | フォノ・ステージ&MCトランス > フォノ・ステージ(フォノイコ)musica ムジカ/pho30gd フォノ・ステージ
商品詳細

musica ムジカ/pho30gd フォノ・ステージ[pho30gd]

販売価格はお問い合わせください。
標準小売価格: 49,800円

販売価格は、どうぞご相談下さい。

常時展示していますので、どうぞ聴きにいらして下さい。

musica ムジカ は2005年設立の岐阜県を拠点とする若いメーカーで、発想もフレッシュで斬新、小規模メーカーでしか出来ないモノ作りを武器に、生産の半数以上は世界30ヵ国を超す海外への輸出に向けられています。

pho30gd はMC専用のフォノステージで拘りの真空管&ソリッドステートのハイブリッド構成。
昇圧トランスに比べてS/N比などで点で困難が付きまとう半導体MCヘッドアンプに、徹底した試聴で選んだ高性能ICを採用、さらにご覧のように可愛らしい真空管、サブミニチュア管をバッファーに使っています。

型番最後のgd はGreat Detail の意、MC型カートリッジを使うなら繊細な音の再現を目指そうという意図ですが、確かに十分なS/N感があり、半導体ならではの落ち着いた細部の表現も不足ありません。
でもさらに魅力的なのは無機質に陥らない適度な温度感。やはり真空管バッファーを使ってまとめたところが功を奏しているようです。

ユニークな細長いようかん型の外観はデザインだけではありません。
筐体の剛性を効果的に確保するための手段でもあるのです。
さらにこのスリムなボディはアナログ・プレーヤーの脇にも置き易い、フォノステージ・アンプにはもってこいのカタチでもあります。

これだけの内容に、さらにイタリア産天然大理石製のインシュレートボード、ビアンコカララまで付いてこの価格はちょっと驚き、価格にうるさいヨーロッパで人気なのも頷けます。

開発者が公式ブログに載せている興味深い話がありますので、最後に引用致します:

「10年以上前、MUSICAが設立する前のお話ですが、私はあるフォノアンプの開発に携わっていました。
これはとても気合の入ったプロジェクトで6種のフォノアンプを試作し、ブラインドテストを行うことになりました。
原価が高い順に A B C D E としますと、最後まで残ったアンプは意外にもAとEでした。
Aはすばらしいのですが、曲によってはEも捨てがたいとの評価でした。
結局Aは50万円を越すフォノアンプとして発売されました。
そしてEはさらに改良が重ねられ pho30gd になりました。」(pho30gd開発者)

店主おススメ。

商品詳細
入力:MC専用
外形寸法/ 重量:W82×D260×H60mm
付属品:ACアダプター電源