アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | フォノ・ステージ&MCトランス > フォノ・ステージ(フォノイコ)LUXMAN ラックスマン/EQ-500 フォノ・ステージ
商品詳細

LUXMAN ラックスマン/EQ-500 フォノ・ステージ[EQ-500]

販売価格はお問い合わせください。
標準小売価格: 500,000円

販売価格はどうぞご相談下さい。

LUXMAN ラックスマンは創業90周年を迎えた、我が国の誇る老舗専業メーカー。
そのアニヴァーサリー・イヤーに満を持して発表した最初の製品がフォノイコライザーであるというのも、いかにも伝統的にレコード・プレーヤーをはじめとするアナログ・オーディオを常に身近に置いてきた同社ならではと言えるではありませんか。
そうしたマイルストーン的モデルとして、今のラックスマンが創るに相応しいフォノイコとは?、と自問自答した結果であるのが明らかなものに仕上がっています。

まず何といっても全段真空管構成としたところ。
でもそれも単に昔ながらのレコード再生のノスタルジーに浸るといった域を超えて、
「アナログレコードに刻まれた音楽の息吹を、ユーザー自身の手によって引き出し尽くす最先端のツールとして」(ラックスマン)
企画・開発されました。

また、EQ-500 では大多数のユーザーがメインに聴くであろうステレオLPの再生にターゲットを置き、イコライジング・カーブはRIAA専用としました(もちろんモノラルもRIAAカーブで再生可能)。

そして思いの丈を込めた高級機としてきっかり50万円に収めたのも、今や特別なモデルなら100万円超も当たり前というなかにあって、最高のものであってもより多くの人に使ってもらえなくては価値は半減する、という主張が聞こえてきそうで、まさに永くアナログ・オーディオを支えてきた同社の良心を垣間見る思いです。

具体的にみていきましょう。

  • 全段真空管式回路構成
    増幅素子には敢えてレコード再生との親和性が高く、ラックスマン伝統技術でもある真空管を全段で採用。
    ’80年代末に単体フォノイコライザーとして評価の高かったE-06 をベースに、真空管に置き換えた設計で徹底的に磨きをかけました。

    一方、すべての真空管には、高い品質と性能に定評のあるスロヴァキアJJ社製を採用。真空管ソケットは堅牢で低い接触抵抗値を保つタイト製金メッキタイプを採用しました。また、整流管とチョークトランスにより増幅回路に安定した電圧を供給します。

    また、カップリングコンデンサーには定評のある独ムンドルフ社製(下の写真)、各回路の主要部にはOFC内部配線を始め、高音質と高信頼性を両立したオリジナル・カスタムパーツをふんだんに採用しています。

  • RIAA専用の無帰還CR型イコライザー・アンプ回路
    初段と次段回路に低インピーダンスや低歪,真空管の長寿命化などのメリットをもつSRPP回路(Shunt Regulated Push-Pull)、そして終段回路にパラレル構成によりさらなる低インピーダンス化を図る、カソードフォロア回路を採用した全段真空管による無帰還CR型イコライザー回路を搭載。
    リニアな特性と素性の良さが裏付ける優れた音色が特徴のCR型イコライザー回路は、パーツの品位や精度によって音質が大きく左右されますが、ラックスマンは半世紀以上に渡る真空管アンプ作りで蓄積されたノウハウと、吟味した高性能パーツの投入により、高品位なアナログ再生を実現しました。
    また、微細なアナログ信号をノイズや磁界の影響から守るため、主要部を強固にシールドしながら、シャーシ電流によるアースインピーダンスの上昇や発生磁界の影響を隔絶したループレスシャーシ構造を採用しました。
  • カートリッジに対して最適化する負荷調整機能
    使用するカートリッジの特性に応じて負荷インピーダンスを連続可変(30k〜100kΩ)で調整出来るノブと、負荷容量を6段階(0/50/100/150/200/300pF)で切替えて調整するノブをフロントパネルに装備し、カートリッジが持つ本来のポテンシャルを最大限に引き出します。
    入力端子は3系統もありますから、複数のカートリッジを取り換えて聴く方にも、この調整機能は大変有益です。
  • 多彩なコントロール機能をフロントパネルに配置
    再生するレコードの信号電流でカートリッジをなじませ消磁するアーティキュレーター機能のほか、3段階のゲイン切替え,アンバランス/バランス出力切替え,バランス位相切替え,モノラル,ローカット及びハイカット機能をフロントパネルに配置した抜群の操作性。
  • 4基のMCトランスと大型出力トランス
    MC昇圧トランスには、小信号への応答性の高いスーパーパーマロイ製を採用。さらに左右と2段階のゲインで独立させ、何と計4基の昇圧トランスを搭載しています(写真、手前右のペアがMCトランス)。
    また、出力段には高品位な大型トランスを配しています(写真、手前左のペア)。

店主おススメ!

商品詳細
使用真空管:ECC83×4、ECC82×2、EZ81×1
回路形式:SRPP、終段カソードフォロア、無帰還CR型イコライザー
入力:RCA×3 (フロント・パネルに切替えノブ)
出力:RCA×2、XLRバランス×1
入力感度:MM: 4mV、MC: high 0.44mV, low 0.18mV
定格出力:250mV /850Ω
全高調波歪率(THD):0.07%
SN比:MM: 76dB、MC: high 75dB, low 74dB
チャンネルセパレーション:65dB (10kHz)
RIAAカーブ偏差:±0.3dB (20〜20kHz)
入力インピーダンス:MM: 30kΩ〜100kΩ (可変)、MC: high 40Ω, low 2.5Ω
消費電力:47W
外形寸法/ 重量:W440×H92mm×D397/ 12.5kg