アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホームパワーアンプAudia Flight オーディア/FLS4 パワーアンプ
商品詳細

Audia Flight オーディア/FLS4 パワーアンプ[FLS4]

販売価格はお問い合わせください。
標準小売価格: 1,500,000円


Massimiliano Marzi & Andrea Nardini

常時、試聴展示しています。

Audia Flight オーディア・フライト社は1996 年、マッシミリアーノ・マルジ氏とアンドレア・ナルディーニ氏により創設されたオーディオメーカー。
ローマから約70km、チヴィタヴェッキアというイタリア中部の港町に位置する自社工場で、全てハンドメイドにて製造されています。
イタリアのハイエンド・エレクトロニクスオーディオ・メーカーとして最も実績あるひとつと言っていいでしょう。

最近、まず最上級ラインとなるStrumento シリーズが上陸、久々のイタリア産ハイエンド・アンプとして話題となりましたが、いよいよその成果を反映した中堅クラス、FLSシリーズがリリースされました。
手始めにその中心となるステレオ・パワーアンプ FLS4 が発売となりました。


その特徴を列挙すると、

  • フルバランス回路構成。
  • ゲインステージは純A級動作、オーディア独自の電流フィードバック回路により0.3Hz〜0.7MHz,スルーレイト160V/μs以上というスペックを実現。
    また、ゲインステージはアルミ製エンクロージャーに格納され、内部にはエポキシ樹脂を充填。動作時に温度を一定に維持。
  • ドライバー及び出力段は、オーディアの長年の研究によりFLS4 専用に最適化されたMOS-FETとバイポーラトランジスタのコンビネーションで構成。
    出力段は8パラレル・プッシュプル構成。
  • 内部基板は全て2mm厚を使用し、銅パターンは一般的な厚みの約4倍に相当する130μ厚を使用。
  • 出力段は2,000VAのトロイダルトランスが使用され、エポキシ樹脂が充填された二重の電磁シールドケースに収納。ロジック・コントロール回路及び保護回路用には個別に15VAトロイダルトランスを使用。
  • メイン供給電源には16個の18,000μF 超低インピーダンス・コンデンサーを使用。
  • 出力段の主電源には音質に影響を与えるフューズを使わず、マイクロプロセッサー管理のセンサーにより電流を監視、電磁スイッチによる保護回路を採用しています。
  • ボディにはハイグレードな特注アルミニウム・キャストを使用。CNC加工後に手仕上げで鏡面仕上げを施しています。

商品詳細
入力感度:1.4V rms
定格出力:200W+200W (8Ω), 400W+400W (4Ω), 700W+700W (2Ω)
周波数特性:0.3Hz〜700kHz (-3dB)
全高調波歪率(THD):0.05% 以下
SN比:110dB
ダンピングファクター:1,000 以上
入力インピーダンス:7.5kΩ (バランス,アンバランスとも)
消費電力:170W (無信号時、定格), 840W (200W/ 8Ω/ 両チャンネル駆動時 )
外形寸法/ 重量:W450×H177×D440mm/ 34kg