アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | アナログ・レコード > Collectibles(コレクター向け)英DECCA ドラティ/ぺッテション 交響曲第7番
商品詳細

英DECCA ドラティ/ぺッテション 交響曲第7番

販売価格: 2,600円 (税別)
 

Alan Pettersson
 

 
ぺッテション/交響曲第7番(1968)
 
アンタル・ドラティ指揮 ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団
 
アラン・ぺッテション(1911-1980)はスウェーデン、ストックホルム生まれ。
ストックホルム王立音楽院にてヴァイオリンとヴィオラを学び、1939-51年の間ストックホルム・フィルにヴィオラ奏者として在籍。
作曲家としては遅咲きで1949年に「弦楽四重奏とヴァイオリンのための協奏曲」でデビュー。その後ジェニー・リンド奨学金を得てパリに渡り、オネゲルやルネ・レイボヴィッツらに師事しました。
17曲もの交響曲を作曲、ショスタコーヴィッチ以降の注目すべき交響曲作家との声もあります。
 
交響曲第7番は当時ストックホルム・フィルの音楽監督を務めていたドラティに献呈され、このコンビにより1968年に初演されました。
このドラティによる交響曲第7番のデッカへのレコーディングが評判となり、さらにドラティは第8番,第10番を初演、ぺッテションは次第に国際的評価を得、以降多くの録音がなされるようになりました。
 
このスモール・デッカ・レーベル(ED4)が初版。
商品詳細
レーベル/原産国:英DECCA/ イギリス・プレス
レコード番号:SXL 6538
レーベル,プレス情報:黒・銀-小DECCA/ DECCA ffss
Stereo/Mono:Stereo
盤のコンディション:EX+
ジャケット(ボックス)のコンディション:NM-