アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | アナログ・レコード > Collectibles(コレクター向け)東独ETERNA リプカ&ケーゲル/ヒンデミット「白鳥を焼く男」&シュターミッツ
商品詳細

東独ETERNA リプカ&ケーゲル/ヒンデミット「白鳥を焼く男」&シュターミッツ

販売価格: 3,000円 (税別)

 
シュターミッツ/ヴィオラ協奏曲 ニ長調 OP.1
ヒンデミット/白鳥を焼く男 (古い民謡によるヴィオラと小管弦楽のための協奏曲)
 
アルフレート・リプカ(Va)
ヘルベルト・ケーゲル指揮 ライプチヒ放送交響楽団
 
アルフレート・リプカ(1931-2010)はチェコ出身、ドイツのヴィオラ奏者。
1958年〜63年の間ライプチヒ放送交響楽団の首席奏者、63年〜75年にはベルリン・シュターツカペレの首席を務めました。
その後、1975年からは長年ベルリン音楽大学の教授を務めました。
 
ケーゲルの録音としてもレアな1枚。ヴィオラ・ファン、またはケーゲル・マニアに。
オリジナル・レーベル。
状態良好。
商品詳細
レーベル/原産国:東独ETERNA/ 東独プレス
レコード番号:8 26 134
レーベル,プレス情報:黒・銀/ ETERNA
Stereo/Mono:Stereo
盤のコンディション:NM-
ジャケット(ボックス)のコンディション:NM-〜EX+
制作:D: E.ガイガー
録音:E: E.リヒター