アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホームCD/SACDプレーヤー&トランスポートAudia Flight オーディア/FLCD THREE S CDプレーヤー
商品詳細

Audia Flight オーディア/FLCD THREE S CDプレーヤー[FLCD THREE S]

販売価格はお問い合わせください。
標準小売価格: 460,000円


Massimiliano Marzi & Andrea Nardini

Audia Flight オーディア・フライト社は'96 年、マッシミリアーノ・マルジ氏とアンドレア・ナルディーニ氏により創設されたオーディオメーカー。
ローマから約70 km、チヴィタヴェッキアというイタリア中部の港町に位置する自社工場で、全てハンドメイドにて製造されています。
イタリアのハイエンド・エレクトロニクスオーディオ・メーカーとして最も実績あるひとつと言っていいでしょう。

オーディアでは約15年前に発表された初代CDプレーヤーCD1 から世代を重ねて、デジタル機器においても確実に進化を遂げてきました。
その最新の成果がFLCD THREE S です。

エントリーラインのFL THREE S シリーズに属するCDプレーヤーですが、同社アンプ製品と全く同じように、オーディアの基本である電源部は価格レンジを超えた拘りをみせています。
またフルバランス構成・A級ディスクリート電流帰還形回路など、オーディアの一貫した基本理念が貫かれています。



  • 電源供給には2つのトロイダルトランスを使用。アナログ基板には58VA トランス、デジタル基板には36VA トランスを専用に使用。
    メイン供給電源はアナログ出力段に50V/18,000μF×2、デジタル段に35V/10,000μF×1、そしてDAC/アナログ段に35V/10,000μF×1の必要十分な容量のコンデンサを使用。
  • 回路は全てフルバランス構成、出力段はオーディア伝統のA級ディスクリート電流帰還回路を採用。
  • DACチップには高音質で定評のある旭化成エレクトロニクス社製 AKM4493EQ(独自のVELVET SOUND 技術を搭載)を採用。更に各チャネルそれぞれに専用のAKM4493EQ を使用することによりDACチップ内チャンネル間の相互干渉を排除。
  • ドライヴメカは、汎用コンピューター・データ用ではなく、CD再生に特化したメカを採用。
    アルミニウムのフロントパネルは10mmの厚さをもち、CDドライヴメカを強固に支えるベースフレームの役割も担っています。
  • 6つのデジタルフィルタを搭載し、様々なインパルス応答パターンを任意に選択可能。
  • デジタル入力は、光×2,AES/EBU×1,SPDIF×1,USB×1を標準搭載。
    USB 入力は384kHz/32bit PCM とDSD512 まで対応可能。

*CD再生専用機です。SACDやCD-R,CD-RWには対応しません。

商品詳細
出力:RCA: 2.5Vrms、XLR: 5Vrms(MAX)
周波数特性:0.5Hz〜20kHz(±0.1dB)
全高調波歪率(THD):0.01%
SN比:113dB
出力インピーダンス:RCA: 240Ω、XLR: 480Ω
ダイナミックレンジ:126dB
消費電力:0.5W(スタンバイ時), 30W(定格)
外形寸法/ 重量:W450×H110×D430mm/ 10kg
付属品:リモコン