アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホーム | アナログ・レコード > Collectibles(コレクター向け)仏CI [2LP] ジェラール・プーレ/ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲, 三重協奏曲
商品詳細

仏CI [2LP] ジェラール・プーレ/ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲, 三重協奏曲

販売価格: 4,500円 (税別)

 
ベートーヴェン/
バレエ音楽「プロメテウスの創造物」〜序曲
ヴァイオリン協奏曲
ニ長調 OP.61
ピアノ,ヴァイオリン,チェロと管弦楽のための三重協奏曲
ハ長調 OP.56 *
 
ジェラール・プーレ(Vn)
*クロード=エリック・ナンドルップ(Pf)、ジャン=マリー・ギャマール(Vc)
ロジェ・ブトリ指揮 ギャルド・レピュブリケーヌ管弦楽団
 
パリの耳鼻咽喉科協会が制作したプライヴェート盤。
1978年10月9日にシャンゼリゼ劇場で行われた演奏会のライヴ録音。
 
ヴァイオリンのジェラール・プーレ(1938-)は日本でもたびたび公演、東京芸大や昭和音大などの客員教授も務めるなど、お馴染みの巨匠。
 
クロード=エリック・ナンドルップ(1934-)はフランス人の母,ノルウェー人の父の間に生まれ、ピアノを習得した後に耳鼻咽喉科の勉強をし、同科の医師として活動する傍ら、ピアニストとしてもシェリングやプーレなどとの共演を行った変わり種。
このコンサートではまさに適役ということでしょう。
 
ジャン=マリー・ギャマールはブール音楽院,パリ音楽院でチェロを学んだ後、1963年からポール・ケンツ室内管弦楽団のチェロ奏者&ソリストとして活躍、1971年にはフランス国立放送管弦楽団、その後、パリ・オペラ座管弦楽団にソリストとして加わりました。
 
指揮者のロジェ・ブトリ(1932-2019)はパリ生まれ、パリ音楽院でナディア・ブーランジェ,マルグリット・ロンらに師事、1962年には母校の教授職に就きました。
1973〜97年の長きにわたり、第8代楽長としてギャルド・レピュブリケーヌ管弦楽団を率いて同楽団の発展に寄与しました。
 
ギャルド・レピュブリケーヌ管弦楽団は1848年にMusique de la Garde Paris として発足、1871年にMusique de la Garde Republicaine と改称されました。
ギャルド・レピュブリケーヌとはフランス共和国親衛隊のことで、その楽団はいわゆる軍楽隊ですが、ここは吹奏楽だけでなく弦楽器も加えてフルオーケストラ編成を採っています。
 
とても良い音で録れています。
貴重盤。
商品詳細
レーベル/原産国:仏Club Isambert/ フランス・プレス
レコード番号:101 178
レーベル,プレス情報:黒・銀/ LE CLUB ISAMBERT
Stereo/Mono:Stereo
盤のコンディション:NM-
ジャケット(ボックス)のコンディション:EX-(ボックス補修)、2枚組ボックスセット
録音:'78.10.9、シャンゼリゼ劇場(パリ)