アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホームWhat's NEW ~ニュース~
What's NEW ~ニュース~
What's NEW ~ニュース~:278
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | ... 14 次のページ»
2019年11月19日
 
今週の22日(金),23日(土),24日(日)の3日間、東京国際フォーラムにて恒例の 「東京インターナショナルオーディオショウ」 が開催されます。

会期: 11月22日 10:00~19:00
        23日 10:00~19:00
        24日 10:00~17:00

会場: 東京国際フォーラム(有楽町)

入場無料、登録制

2019年11月17日



Holbo Airbearing Turntable

ホルボ社のエアーベアリング・ターンテーブル、Holbo が音元出版の「AEx オーディオ銘機賞2020」を受賞しました。

2019年11月12日
 

 
ベリリウム振動板で話題の、カナダ・パラダイム社(Paradigm)2ウェイ・ブックシェルフスピーカーの常時展示を始めました。

Persona B ペルソナBはすべての帯域をベリリウム振動板で構成したという意味では世界初、同社の中でも唯一のモデルです。

ベリリウムは極めて硬く、軽く、かつ内部損失が大きいため、スピーカーの振動板としては理想的ですが、硬さの代償として大変割れやすく、トゥイーターサイズなら問題無いものの、ミッドやウーファーサイズの振動板を製造するのが極めて難しいのです。
パラダイム社はこれを克服した178mmΦの大型振動板を初めて実用化、トップシリーズのPersona に搭載しました。Persona B はこのドライバーをミッドバス(ウーファー)に採用、オール・ベリリウム構成を実現しました。

また、特徴的なグリルネットが目を惹きますが、これは外観デザインや保護のためではありません。
コンピューター解析によって、与えられた形状の振動板形状で音を放射した際に、位相の乱れを補正して発音するための一種の音響レンズで、「PPA(Perforated Phase-Aligning)」と名付けられています。

この効果もあってベストの位置で聴いたときのPersona B はかつて聴いたことの無いような別次元の音世界へ誘ってくれます。

是非、当店で体験下さい!

http://www.maestrogarage.com/product/3510

Persona B は今年のStereo Sound 誌、グランプリを受賞しました!
2019年11月01日

 

 

 
月刊stereo誌に連載中の記事を編集、まとめたムック本、「いい音、いい場所、いいお店」(音楽之友社刊)が出版されました。
 
オーディオをキーワードとして、オーディオショップはもちろん、メーカー試聴室や喫茶店、音楽バーなども含まれていますので、読み物としても面白いと思います。
嬉しいことに、私どもも紹介してもらっていますので、是非ご覧下さい。
 
店頭に在庫していますので、その場でご購入頂けます。
送料無料で配送も致します。

詳しくはコチラ ⇒ http://www.maestrogarage.com/product/3509
2019年10月24日

Analog Relax EX3

「KOI-OTO」カートリッジで好評のAnalog Relax から、新カートリッジの登場です!

「音楽は音じゃない、ソウルだよ」のKOI-OTO、「極上の音色と色香」のEX1 とリリースして来たアナログリラックスが放つ次の一手は?
えっ、両方の良いとこ取り!?

開発者の万木さんの名調子を聞いてみましょう;

『アナログが好きで、レコードが好きで、いい音が聴きたくて、これまでいろんなことをやってきた。

カートリッジ選びも、そう。
力強さを求めてカートリッジを選んでみても、もう少し音の解像度やレンジ感が欲しいと思う…。
そこで、より繊細な音を探し求めて違うカートリッジを選んでみても、やっぱりもう少しアナログらしい力強さや太さが欲しくなってしまう…。

強さと繊細さの両立。

この、相反する要素を求めるのは、単なる我がままなのか??

そんなことはありません。
このEX3 カートリッジは、そんなあなたのために開発しました。』

また同時に、敢えて丸針を搭載したEX3r も発売。こちらにハマる方も多いのでは?

両機種のポイントは、

●両機種とも発電部に「100%純銀コイル」を使用
●EX1 で好評のボディデザインを継承(ボディ素材はハードメイプルの無垢材)
●EX3r では、恐らく世界初となる「丸針+純銀コイル」の組み合わせ

さらに今回、どちらかのモデルを12月末日までにご注文頂き、キャンペーンにご応募下さった皆様全員に、同社のシェルリード線「大吟醸リード(27,500円・税込)」をプレゼントさせて頂きます。

この機会をお見逃しなく! 試聴ご希望の方はご一報下さい
https://www.maestrogarage.com/contact

Analog Relax

EX3  MCカートリッジ 300,000 円
EX3r MCカートリッジ 300,000 円
(以上、税別)
2019年10月09日

TRIODE TRZ-300W

真空管アンプのトライオードから、最も得意とする300B を使った新しいアンプが発売となります。
プレミアム・シリーズ第2弾となるTRZ-300W です。

トライオードにはかつてVP-300BD という創業当時から2016年まで22年間にわたり同社の顔として親しまれてきたの人気ロングセラー・モデルがありました。
TRZ-300W は、今年、トライオードが創業25周年を迎えたのを機に、このVP-300BD を同じA級パラシングル構成を採りながら、それ以外は全体の部品レイアウト,トランス,筐体など全てを見直して開発された新時代の「顔」です。

10月中旬発売予定、トライオード・プレミアムショップのみでの取り扱いです。

TRIODE TRZ-300W 480,000 円(税別)
2019年10月04日
ドイツFLUX Hi-Fi のレコードクリーナー(ブラシ)、Vinyl Brush が入荷しました。
店頭でご購入頂けます↓

http://www.maestrogarage.com/product/3330
2019年09月26日
一時取り扱いをしていなかった分割払いを再びご利用頂けるようになりました(JACCS)。
60回までの分割が可能です。

通販の方も、パソコンの専用画面でシミュレーションしながらご自身で支払い方法を決定、ご契約頂けますので大変便利です。
どうぞご利用下さい。
2019年09月11日

UESUGI U-BROS 660

上杉研究所、久々のインテグレーテッドアンプが発売されました。
UTY-15 の約8年ぶりの後継機、U-BROS 660です。

出力管には6L6 を使用、プッシュプルで14W/ch の出力を確保(U-BROS 660S は12W/ch)。
何といっても手頃な価格でウエスギアンプを楽しむことが出来るのは魅力!

UESUGI

U-BROS 660 真空管インテグレーテッドアンプ 550,000 円(税別、GE 製 6L6GC 使用)

U-BROS 660S 真空管インテグレーテッドアンプ 600,000 円(税別、SYLVANIA 製 6L6GAY 使用)

詳細はこちら⇒ http://www.maestrogarage.com/product/3453
2019年09月04日
トーレンスの純正標準ドライヴベルトが若干数入荷しました。
ドイツから直接取り寄せたものです。

多くの機種に適合するものですが、適合はお手元のベルトのサイズでご確認下さい。

THORENS 純正標準ドライヴベルト 7,000 円(税別)

ご購入はこちらから⇒ http://www.maestrogarage.com/product/1413
2019年09月02日


Soulnote RBC-1 XLR balance cable (1.5m/pr)



Soulnote RSC speaker cable (1.0, 1.5, 2.5m/pr)

Soulnote ソウルノートから新しいリファレンスケーブルが発売となります。

同社のアンプと全く同じ設計思想で開発、ノンシールド&単線導体、決して抑え込まない、いわば「放任主義」。
ソウルノートの製品をお使いの方にはとくに見逃せない新製品でしょう。

Soulnote

RBC-1 XLR バランスケーブル(1.5m/pr) 118,000 円

RSC-04(1.0m/pr), RSC-06(1.5m/pr), RSC-10(2.5m/pr) 28,000 円,42,000 円,66,000 円(以上、税別)
2019年08月28日

Vienna Acoustics Haydn Jubilee -30th Anniversary Model-
 
オーストリアのスピーカーメーカー、Vienna Acoustics ウィーン・アコースティクスは今年で創立30周年を迎えます。
これを記念して限定記念モデルHaydn Jubilee が発売されます(9月1日発売予定)。
 
アニヴァーサリー・モデルというと大体気張って立派で高価な特別なモデルとなることが多いですが、ウィーン・アコースティクスはちょっと違います。
「ありがとう」のメッセージを込めてとても身近な価格で提供される皆様への「贈り物」、それがHaydn Jubilee です。
日本限定数200ペア、お早めに!

Vienna Acoustics Haydn Jubilee 180,000 円(ペア、税別)
2019年07月30日

LUXMAN CL-1000 Tube Pre-Amplifier

昨年のインターナショナルオーディオショウでひっそりと参考展示されていた真空管プリアンプ、CL-1000 がいよいよ発売となりました。

この素晴らしいパネルデザインは40有余年を経てかつての名機C-1000 を引き継いだもの。
既に発売されている300B シングル・パワーアンプ、MQ-300 のパートナーがようやく揃ったことになります。

LUXMAN CL-1000 Tube Pre-Amplifier 1,600,000 円(税別)
2019年07月16日
「ロクサンが本当に帰ってきた!」

ROKSAN
ロクサンといえばXERXES ザクシーズ。
一躍ロクサンの名を知らしめた、トゥラージ・モグハダム氏設計の名アナログ・プレーヤーです。
やはりこれが無いとロクサンという気がしない方も少なくないはず。

お待たせしました、いよいよ本命の新ザクシーズの登場です。
これで本当にロクサン復活、という気がしますね。

"ROKSAN is really back!"


ROKSAN XERXES 20 turntable

同時にそれに搭載するトーンアーム,MCカートリッジ,フォノステージアンプも登場。いよいよ面白くなってきました!


ROKSAN SARA tonearm


ROKSAN SHIRAZ MC cartridge


ROKSAN Caspian RPP phono stage
2019年07月12日




最近まずVM型カートリッジのラインナップを一新したオーディオテクニカが、このたびいよいよMCカートリッジも一新、一挙に5種類のモデルが発売となりました。

いずれも同社の最新技術が盛り込まれた完成度の高さを誇り、2万円台から9万円台まで幅広い(かつ現在のMCカートリッジ価格としては購入し易い)価格帯で揃えられているので、ご予算に合わせて無理なくお選び頂けるのもいいですね。

audio-technica 新MCカートリッジ AT-OC9X シリーズ

AT-OC9XEB 29,000 円
AT-OC9XEN 45,000 円
AT-OC9XML 70,000 円
AT-OC9XSH 85,000 円
AT-OC9XSL 98,000 円

(以上、税別)
2019年07月06日

Tube Power Amplifier ATM-300R


Tube Pre Amplifier ATC-5

6日、土曜日に開催したAir Tight エアータイト新製品試聴会、皆さまから好評を頂いたため、急きょ月曜日に引き続き実施致します。

特別試聴として、『Electro-Harmonix 製と高槻電器工業製の300B 真空管聴き較べ』 も行いますので、高価な高槻電器製300B って本当にいいの?という方も確かめにいらして下さい。

お気に入りのレコードを片手にお越し下さい。
お待ちしています。

300B シングル・真空管パワーアンプ ATM-300R

フォノステージ内蔵真空管プリアンプ ATC-5

(その他の機材)
アナログプレーヤー Clearaudio Innovation Compact
MCカートリッジ My Sonic Eminent GL
スピーカーシステム Amphion Argon 3LS

日時: 7月8日(月) 午後1時~6時

2019年06月27日

Holbo Airbearing Turntable Syatem

今週末、土日に開催される国内最大のオーディオフェア「音展2019」のブライトーン・ブースにて、当店店主が注目のニューカマー、Holbo ホルボ・エアーベアリング・プレーヤーの試聴会、「Holbo で聴くアナログレコードの魅力」を実施します。

これは輸入代理店ブライトーンが長らく開催し今回で9回目となる「デジ研」の一環として、対極にあるアナログレコード再生を究極のハイレゾと捉えて実施する、デジ研の中では異色の企画。
まあレコードがハイレゾかどうかはともかく、レコード・キチのマエストロ・ガレージ店主がとっておき(?)のLPをかけまくる会ということで、レコード好きも、ハイレゾ・デジタル好きも、老いも若きも、是非お出で下さい!

なお、使用カートリッジは米Soundsmith 社のSussurro Mk2。今後輸入予定ですが、いち早くそのサウンドをお確かめ頂けます。

Holbo で聴くレコードの魅力

● 6月29日(土) 午後4時~7時

● 6月30日(日) 午後1時~3時

● 於、東京国際フォーラム・ガラス棟4階 G406「ブライトーン」ブース


・ステレオサウンド Online での紹介: https://online.stereosound.co.jp/_ct/17282773

・ブライトーン News: http://www.bright-tone.com/news/588.html
2019年06月25日


今週末、土日は有楽町・東京国際フォーラムでオーディオフェア「音展2019」が開催されます。

私どももブライトーンのブース(ガラス棟4階 G406)で、アナログ・プレーヤー Holbo によるレコード試聴会を行いますので、どうぞお越し下さい。


「デジ研」にて究極のハイレゾ(?)音源、アナログレコードの試聴会をたっぷり行います!
2019年06月12日

TRIODE "MUSASHI" Tube Integrated Amplifier

TRIODE トライオードから新しい真空管アンプが発表されました。
インテグレーテッドアンプ MUSASHI、新型パワー管KT150 をAB級プッシュプルで動作させてチャンネルあたり100Wと充分以上のパワーを発揮します。
元々、海外専用モデルとして開発されました。ブラック&クロームのカラーも今までにない精悍な装い。

MM対応フォノイコライザーも内蔵し、パワーアンプとしても使えるMAIN IN 端子も装備、リモコン付き。
どんな大型スピーカーでも、低能率スピーカーでもどんとこいの、頼りになるヤツです。

7月発売予定。

TRIODE MUSASHI KT150 真空管インテグレーテッドアンプ 580,000 円(税別)
2019年06月07日


 
今週末、日曜日・9日にウェルテンパード Versalex プレーヤーと、プラタナス 3.5S MCカートリッジの組み合わせでミニ試聴会を実施します。

是非お気に入りの盤を携えてお越し下さい。

6月9日(日) 午後2時~6時

●ターンテーブル Welltempered Versalex

●MCカートリッジ Platanus 3.5S

●真空管フォノステージアンプ EAR 834P
●真空管プリアンプ EAR 834L
●パワーアンプ AUDIA FLS4
●スピーカーシステム Amphion Argon 3LS
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | ... 14 次のページ»