アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホームWhat's NEW ~ニュース~
What's NEW ~ニュース~
What's NEW ~ニュース~:373
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 19 次のページ»
2024年06月14日
15日(土)の店舗営業は午後4時までとさせて頂きます。

Webサイトは平常通り営業しておりますので宜しくお願い致します。
2024年06月02日
 
コロナ禍で延期となっていたアナログオーディオフェアが5年ぶりに開催されましたので、初日6月1日の土曜日に行ってきました。

会場は従来通り、お茶の水と秋葉原の中間あたりにある損保会館。私はいつも御茶ノ水駅から歩きます。
展示スペースは会館の3つの階(2階,4階,5階)にわたっていて、ブース数もゆっくり回るのにはちょうど良い数です。
テクニクスなど大手や人気メーカーも参加しますが、このショウの特長は普段なかなか目に触れる機会の少ない小規模,工房メーカーの製品に触れることが出来る点。そんな中で新しい発見があるのも楽しみのひとつです。

5階にはオーディオデザイン、SAEC/カジハララボ(IKEDA)、テクニクスなどの他、中央の大きな部屋では各出版社主催の講演会やイヴェントが開かれていて、覗いたときは小原氏がトーレンスの新製品を紹介していました。ただすでに超満員で入ることも出来ない状態(スピーカーはパラダイム Persona 9)。

4階はエアータイト(&マイソニック・ラボ)、DS Audio やレガなどの共同ブース、オーロラサウンド,トーレンス,パラダイム(ペルソナ),アナログリラックスの合同ブースなどがあり、いずれも大盛況。


エアータイト

エアータイト(A&M)はロングセラー・モデルATM-1 最新版のプロトタイプでパラダイムのPersona 7 を鳴らしていました。ほぼ量産品レベルのようで、大きなペルソナ7 を十二分にドライヴして見事。

オーロラサウンド, PDN & アナログリラックス・ブースでは、久々の上陸で注目のトーレンス・プレーヤーが初お目見え。展示されていたのは最上級機のTD124DD でオールドファンなら見慣れた姿形はオリジナル機へのオマージュ。




THORENS TD124DD

これにアナログリラックスのフラグシップ AR-MCC-EX2000 カートリッジを装着、オーロラサウンドのPreda-Ⅲ+PADA 300B のコンビで、パラダイムのPersona 7 を鳴らしていました。
VIctor のダイレクト・カッティング盤「30絃」ではカッ飛んだサウンドに驚愕! 各コンポーネントが最上の状態で協力し合った結果でしょう。下の写真は、オーロラサウンドの唐木氏。


THORENS×Analog Relax×Aurorasound×Paradigm(Aurorasound のFB より)

DS Audio と完実電気の大きな共同ブースでは、DS Audio の新しい真空管光電カートリッジ用フォノイコライザーアンプが参考出品されていました。もう音出しも出来るほぼ量産機レベルに見えました。後で他社光電カートリッジ用フォノイコ数台とのガチンコ試聴会も行われたようで、残念ながらそれは聴けませんでしたが、皆さんのジャッジや如何に??


DS Audio 真空管式光電カートリッジ専用フォノイコライザーアンプ

めったに実機を拝めない、レガのNaia も展示されていました。遥か上級機でありながら、下位レギュラーモデルと(少なくとも)見た目は変わらなく見えるのがまたいかにもレガらしいところです。しかし細部の材質感,精密感はただものではありません。「神は細部に宿る」か。


Rega Naia

2階は多くの小規模メーカーの宝石箱(上の階もほとんどが小メーカーですが)。
上杉研究所の藤原さん、中電の斎藤さん、ブライトーンの福林さん、フォノファイルの高橋さん、ベルドリームの鈴畑さんらとお話し出来ました。真空管を扱う商社テクソルも出展していました。
今回はフィデリックスの中川さんやグランツの濱田さんに会えなかったのがちょっと残念。

久々の開催だったこともあったでしょう、どこのブースも賑わっていて、多くのところで満員御礼状態、お客様も以前より若い方が増えたと感じました。
まずはショウの復活を喜びたいと思います。
2024年05月28日
 


トーレンス再上陸を機に、その歴史と今を、現地からの資料を基にご紹介させて頂きます。

始まりと、最初の60年

THORENS トーレンスは、1883年、スイス・ジュラ地方のサン・クロワで産声を上げました。
創立者はヘルマン・トーレンス、オルゴールの製造会社からのスタートでした。

20世紀初頭には初のシリンダー式蓄音機を発表、数年後には円盤式蓄音機(グラモフォン)を発売します。その製造は現代まで続くターンテーブルに置き換わるまで続きます。
その間、サン・クロワの工場の一隅では、ハーモニカやライターも製造されていました。

1928年には蓄音機用に最初の電気モーターを発表、1年後に電磁発電式のピックアップが開発されます。
さらにリニアトラッキング動作のトーンアーム開発など、この頃ははるかに時代を先取りしていました。

1930年代には、ドイツのシュトラスフルト・インペリアル社との協力により、ラジオ受信機やターンテーブルを組み込んだ「ディスコフォン」と呼ばれるミュージック・キャビネット製造にまで製品範囲を拡大しました。
1920年の終わり頃には、従業員数は1,200人に上っていました。

レコード・プレーヤーで世界的地位を確立

1940年代からは、レコードのカッティングマシンやサウンドボックス(蓄音機のピックアップ)などの生産が始まり、その後、レコード・チェンジャーやラジオ受信機が続きます。
スプリングで動作する「リビエラ」シェーバーが数年間製造ラインに乗っていたこともありました。

とくにピックアップの開発は急ピッチで進められ、交換可能なサファイア針を備えたモデルが登場、当初100g 以上あった針圧が1952年までには10分の1まで減少していました。
また、CD43 レコード・オートチェンジャーは、初期の米国Hi-Fi 市場に足掛かりを築くことに成功しました。

1950年代後半にはLPレコード・プレーヤーの時代が訪れ、トーレンス・ブランドは世界的な認知と評価を得るに至ります。
1957年には有名なTD124 プレーヤーが登場、すぐに大成功を収めます。このモデルは放送局のプロフェッショナル用はもちろん、新たに登場したステレオLPレコードを最高の音質で再生したいと考えるホームHi-Fi 愛好家をも対象としていました。

その後数年間にTD124 から派生したよりシンプルなヴァリエーション・モデル群、TD134, TD135, TD184 が追加されました。
1962年からは、BTD-12S トーンアームをフルオート制御する複雑な機構構造をもつオートチェンジャー、TDW224 が少量ながら生産されました。
TD124 は1968年まで2つのヴァージョンが生産され、現在でも世界中に多くの愛用者が存在します。

1965年に、新しいスプリング・サスペンションで吊るされたサブシャーシをもつTD150 が開発され、この時期に生産工場がスイスのサン・クロワからドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州の街ラールに移されました。
当時のラール工場ではEMT の製品も生産されていました。
1966年には新たにThorens-Franz AG となって、開発と生産拠点がラールに統合されます。

スプリング・サスペンディッド・サブシャーシが世界的成功を収める

1968年には、TD124 に代わり、TD150 のサスペンディッド・サブシャーシを受け継いだTD125 が登場。翌年には、トーンアームを改良したTD150 の第2世代機が発表されました。
1972年にはTD125 MkIIが登場し、TD150の後継機であるTD160 とともに市場に投入されました。

TD160 が1990年代まで改良を受けながらカタログに残っていたのに対し、1974年にはTD125 の後継機としてTD126 が発表されました。これはオリジナルのTP16 トーンアームの他にも様々なアームを搭載可能でした。

1978年以降、ドイツのSchneider-Rundfunkwerke 社(シュナイダー・ラジオ受信機会社の意)と提携を結び、一時エレクトロニクス機器にも進出しますが、提携解消により軌道は元に戻りました。
1979年には、コストと労力を度外視して開発されたあのThorens Reference が発売されました。

そして、1980年代

1980年代の初めには、実績あるTD160 ファミリーがさらなる発展を見せ、EMT の遺伝子を持つスタジオ向けモデル、そして2つの記念モデルTD147 Jubilee とTD126 Centennial が登場しました。
TD126には、ダブル・トーンアーム用TD226 とシングル・ロング12インチ・アーム用TD127 のヴァリエーションが追加されました。
これらのモデルに共通するのは、やはりサスペンディッド・サブシャーシです。

とはいえトーレンス社はこの頃、経営危機に陥っており、大規模なリストラを行っています。生産は一部外部に委託されていました。
その間経営体制は変遷しますが、ラールの工場設備は存続しました。
そろそろCDが台頭してくる、デジタルに移行するその前夜にあたります。

そうした中、デジタルの台頭に反発するかのように、もうひとつのスペシャル・モデル Prestige が発表されました。

1984年、トーレンスはそれまでの円錐型スプリングを備えたサブシャシーの設計原理を捨て、新しい300 シリーズでは3枚の板バネによってフローティングされたサブシャシーを採用します。
新しいモデルTD316,TD 318,TD 320 が投入され、そのトーンアーム・レスのモデルTD321 や、実績あるTD126 の後継機としてTD520 が追加されて好評を博しました。
この頃には、低電圧でのモーターの電子制御も行われるようになりました。

1980年代末に発表されたTD2001 とTD3001 は、TD160 S MkV とともに、世界市場で強い競争力を持つトリオとなりました。

1980年代にはコスト面から、初めてサスペンディッド・サブシャーシを搭載しないモデルが発売となります。TD280 シリーズはサブシャーシを持たないリジッド・タイプのプレーヤーとして発売されました。
それに続くTD180,TD290 も同じ構成で、それ以降トーレンスでは、スプリング・サスペンディッド・サブシャーシは廃止されました。

1990年代、そして終焉

1990年代はご承知のとおり、CDの台頭でレコードの売り上げは激減、当然ながらプレーヤーも売れなくなり、どのプレーヤー・メーカーも大苦戦を強いられました。
高級プレーヤーを中心としていたトーレンスも例外ではなく、経営は悪化、更なるリストラが必要とされました。長年住み慣れたラール工場を離れて移転を余儀なくされます。

新しいエントリー・モデルが市場に投入され、生産は簡素化、一部は外注化されました。
1993年にラール工場を閉鎖、生産は当初ポーランドに移されましたが、後に小規模ながらドイツに戻りました。
高級路線の新規開発は断念され、実績のある売れ筋モデルの更なる開発が優先されました。
TD160 シリーズはモデルMkV で終了し、TD3001 はトーンアーム・レスのBC モデルとして登場しました(板バネ・サスペンションを搭載)。

1990年代にはRestek 社と提携し、ドイツの新しい拠点でエレクトロニクスやスピーカーの開発を行っています。
しかし、残念ながら2000年のThorens Vertriebs GmbH の倒産により、トーレンスの第1の時代が終わりを告げました。

2001-2018、第2世代

倒産によってトーレンスの歴史が終わったわけではありません。ノウハウ,完成品,半完成品,スペアパーツなどは風前の灯火となりましたが、高品質,エンジニアリング,長寿命,信頼性,そして優れた価格性能比の象徴である、このブランド自体は生き続けました。

1990年代にすでにアジアでの販売を担当していたスイス人実業家のハインツ・ローラーがこのブランドを買収し、新たなオーナーとなります。
その後、様々な開発者が設計し、ドイツで生産された新製品が市場に投入されました。
900 シリーズではサブシャーシを導入した優れた製品でしたが、如何せんかなり高価でした。
さらに、TD2015 とTD2035 のAcryl Line シリーズは、デザイン志向の新しい顧客にアピール。

2018年4月、ハインツ・ローラーは後継者不在の理由により、トーレンスを当時エラック・エレクトロアクースティック社のCEO であったグンター・キュルテンに売却しました。

2018-、第3世代の今現在

そして2018年5月1日、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州の都市ベルギッシュ・グラートバッハに新たに設立されたThorens GmbH がスタート。
「ブランドはドイツに戻ってきた!」 これは新オーナーのキュルテン氏の偽らざる気持ちだったでしょう。
彼は、方向を見失っていたトーレンスを、その伝統的DNA を見極め、トーレンスの本質とは何なのかを見定めて、本来あるべき姿へ速やかに回帰すべく、情熱あるリーダーシップをもって舵を取っています。
それは決して復古ではなく、現代のトーレンスのあるべき姿を目指す、新たな航海の始まりです。

「新生トーレンス」はまだ創立6年ほどですが、確実に信頼を取り戻しつつあり、ドイツでのシェアは現在40% ほどになるそうです。
キュルテン氏の言葉通りの、「これはトーレンス」と自信をもって日本にも紹介出来る今回のラインナップが揃ったことで、いよいよ再上陸の準備が整いました。


最後に、新生トーレンスを支えるキーパーソンをご紹介します:


Gunter Kurten, owner, CEO

立役者は何と言っても新オーナーのグンター・キュルテン氏 Gunter Kurten。
今までに、SONY,LG,Sharp,Denon & Marantz の現地法人、そして前職ではELAC Electroacustic GmbH のCEO として辣腕を振るい、同社のアナログ・プレーヤーMiracord 復活の立役者ともなりました。やっぱりアナログ・プレーヤーが好きなんですね。

そのELAC に、トーレンス売却の話を前オーナーのローラー氏が持ち掛けたところ、ELAC 社長であったキュルテン氏が自身で買い受けることを申し出て、新生トーレンスがスタートしました。
キュルテン氏はELAC を退職、新たにオーナー兼CEO としてトーレンス再出発の陣頭指揮を執ることになったのです。
規模も大きく、順調に運んでいたエラックの経営から敢えて離れ、自ら資金を投入して低迷している名門ブランドのテコ入れを買って出たのは、何よりも彼のトーレンスに対する愛情からでした。
彼自身、トーレンス往年の名器たちを愛用していましたから、自国の名門ブランドを立て直すのには使命のようなものを感じていたのでしょう。少なくともどうすればよいかをよく分かっていました。

とはいえ、前の会社から人材や資材、設備などを引き継ぐわけではなく、全くのゼロからのスタートですから、まず信頼出来る人材が必要です。ただ優秀なだけでなく、トーレンスの何たるかをよく理解していることが肝要でした。


Helmut Thiele, mechanical designer


Walter Fuchs, electrical designer

ここで、キュルテン氏を支える仕事人二人の登場です。
ヘルムート・ティーレ Helmut Thiele とワルター・フックス Walter Fuchs。
彼らはともにかつてトーレンスで活躍していたヴェテラン設計者で、ティーレ氏が機構設計、フックス氏が電気設計の専門家です。彼らは言われるまでもなく、やるべきことは十分に分かっていました。

この二人が実際の製品づくりのキー(R&D チーム)となって、比較的短期間のうちに充実したオリジナル・デザインのラインナップが揃うことになります。
とくにティーレ氏はメカニカル・デザイナーとしてアナログ・プレーヤーの設計で多くの実績を持つ専門家で、トーレンスでサスペンディッド・サブシャーシ・プレーヤー設計も手掛けており、今回のプロジェクトでは欠かせない存在でした。
新しい3つのアーム、TP150,TP160,TP124 も自慢の作品ですし、早くも最近、画期的なNew Reference プレーヤーを完成させています。
彼は自身の名を冠したハイエンド・ターンテーブル・メーカーを主宰してもいます。

フックス氏はドイツ国内でも著名なエレクトロニクス・エンジニアで、今回もダイレクトドライヴを含めたモーター制御、電源、コンパクトなオートリフター、更にはファームウェアまでを担当しました。

キュルテン氏が目指すべき指針を示し、それに沿ってティーレ氏とフックス氏が二人三脚で開発を行う、この新生トーレンス・トリオこそ同社を支える原動力、今後も期待したいところです。


Kurten and Thiele with New Reference


Thiele machining parts of prototype


Kurten and Fuchs




in the factory
2024年05月17日

TD1500

TD1600

TD124DD


TD403DD

New REFERENCE

"THORENS IS BACK!"

久し振りに、あのトーレンスが帰ってきます。

かつての栄光を取り戻すかのような、ひと目見て分かる姿を、まずはご覧下さい。
トーレンスは、やはりこれでなくては!
実は長い歴史の中には様々な変遷があり、いわば現在のトーレンスは第3世代とも言うべき新生トーレンスなのです。
それを強力なリーダーシップで牽引するのが2018年からの新オーナー、自らも技術屋であるグンター・キュルテン氏。


Gunter Kurten, owner,CEO

主要モデルが順次導入されますが、いずれも使い易いユニヴァーサル・トーンアームを搭載しているところもポイント。どれも完全な新設計です。

まず手始めに、日本国内でも中核モデルのひとつとなる TD1500 が発売されます(写真、一番上)。

TD1500 アナログ・プレーヤー 450,000 円(税別)
https://www.maestrogarage.com/product/4825

手頃なサイズのベルトドライヴ・プレーヤーです。
早速私どもで試聴展示しますので、ご自身で「新生トーレンス」をお確かめ下さい。

その後は順次、下記モデルが発売予定です:

TD1600 800,000 円 *ベルトドライヴ
 https://www.maestrogarage.com/product/4826
TD1601 900,000 円 *TD1600 にオート・アームリフターが付いたタイプ

TD124DD 1,800,000 円 *ダイレクトドライヴ


以下、ステレオ・サウンド・オンラインの動画も是非ご覧下さい:

オーナー、グンター・キュルテン氏自身による新生トーレンス紹介


黛健司氏によるグンター・キュルテン氏インタビュー
2024年05月08日


トライオードから、お手頃価格のインテグレーテッドアンプ TRS-34 が発売となります(6月発売予定)。

人気のEL34 真空管を使い18W+18W の十分な出力を確保、ブラックにチェリーレッドのツートンカラーも魅力。

8月末までにご購入頂いた方には、単品で販売している電源ケーブル TR-PS2(線材にディップフォーミング無酸素銅を使用)をプレゼントするキャンペーンを実施中。
只今、ご予約受付中です。

TRIODE TRS-34 インテグレーテッドアンプ 180,000 円(税別)

*6月発売予定
2024年03月29日

audel U-Basik 5/8

今週末、30日(土)と31日(日)にイタリア audel オーデル社のスピーカーシステム、U-Basik 5/8 の試聴会を行います。

オーデルは、イタリアはシチリア島に位置する個性派スピーカーメーカー。
バーチ材(樺)を用いるのが特徴で、木材の香りを生かした温かみのある音色を持ちます。

U-Basik は中でも小型のブックシェルフ・スピーカーで、広過ぎない部屋で聴くのにピッタリ。
明るく明快ですが、デンマーク・SB アコースティック社製のトゥイーターは決してきつい音は出さない優秀なユニットです。

真空管アンプで鳴らすホットなアナログはもちろん、ノルウェー・ヘーゲルあたりのアンプで鳴らして、クールになり過ぎないデジタルシステム、なども良いですね。

実際に聴くことの出来る貴重な機会です。気になる方は是非この機会にお試し下さい(どうぞレコードかCDをお持ち下さい)。

3月30日(土),31日(日) 午後2時~6時

audel U-Basik 5/8 スピーカー・システム 390,000 円(税別) *ウォルナット

輸入元製品ページ↓
https://stella-inc.com/stellawebsite/audel-u-basic-5-8/
2024年03月10日

TRIODE Evolution Musashi

元々海外から根強くあった上級機種の要望に応えるかたちで「武蔵」(本拠地のある武蔵国に由来)アンプが発売されたのがきっかけで、同社のプレミアム・シリーズが生まれました。

そのプレミアム・シリーズの中で新しい技術・機能を盛り込んで新たに開発されたのがEvolution。
これが新しいラインとしてシリーズ化し、いよいよ初号機の武蔵がEvolution Musashi として生まれ変わりました。
100W/ch を誇るトライオード最強のモデルです。

TRIODE Evolution Musashi KT-150 プッシュプル・インテグレーテッドアンプ 700,000 円(税別)

*6月発売予定
2024年02月15日

Jan Snegov, founder

チェコ共和国の首都プラハに位置するアナログ関連機器専門メーカー Fonolab フォノラボ社の製品の輸入・販売を開始致しました。

主宰するのは創立者の Jan Snegov ヤン・スネゴフ氏で開発・設計もすべて彼が行っています。

~『ようこそ! そして、お帰りなさい』~

最もポピュラーなのがMC昇圧トランスですが、彼は熱烈な日本オーディオ通で、アナログ・オーディオにおいてはかつての全盛期の日本が到達していた高みにこそ最高の実りを見出すことが出来るとし、MCトランス(Step Up Transformer: SUT)にはその中でも最高峰である当時のタムラ・トランス(NOS)を使用しています。

手始めにベーシックなモデル、EQVES 1 を発売しました。
試聴展示機がございますので、是非お聴き下さい。

Fonolab EQVES 1 MC昇圧トランス 148,000 円(税別)


EQVES 1

フォノラボのMCトランスはバランスタイプをメインとしており、中級機の QVATTVOR と上級機 SVPER-QVATTVOR は計4個のトランスを内蔵して完全バランス構成となっています。


QVATTVOR



SVPER-QVATTVOR


カスタム・モデル
2024年01月05日






今年創立50周年を迎えた英国Rega レガからアニヴァーサリーモデルが発売されます。
最も売れ筋であるPlanar 3 をベースに大幅にアップグレードした特別モデル、Planar 3 50th Anniversary Edition がそれです。

ご覧のようにクラシカルなウォルナット木目仕上げ、50周年記念モデルのプレートもあしらわれ、付属するダストカバーはスモークタイプ。
上級機のみに付属する独立電源ユニット NeoPSU を標準装備、カートリッジにはMM型の最上級機Exact が付属します。
それでいてこの値付けは大バーゲン!

但し、日本への割り当て数が予測より大幅に少なく、たったの十数台しか入ってきません。

Rega Planar 3 50th Anniversary Edition 165,000 円(税別)

ご購入は製品ページから↓(在庫1台のみ)
https://www.maestrogarage.com/product/4702
2024年01月01日
旧年中のご愛顧を感謝申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

令和6年元旦

 新年は1月5日(金)から営業致します。
 Webサイトは24時間営業していますので、お買い物,お問い合わせお待ちしております。
2023年12月07日

上杉研究所 U-BROS-220DSR

真空管アンプの上杉研究所から、DS Audio の光電カートリッジ専用のフォノステージアンプ U-BROS-220DSR が発表されました(Stereo Sound誌グランプリ受賞)。

光カートリッジ専用に特化したことで、LED 光源電源の分離や電流型イコライザー回路,インサイドフォースキャンセラー調整機能など、研究に基づく画期的な機能を満載しての登場です。

今月発売予定、只今ご予約受付中です!

上杉研究所 U-BROS-220DSR 光電カートリッジ専用フォノステージアンプ 880,000 円(税別)
https://www.maestrogarage.com/product/4654
2023年11月21日

ortofon SPU GTE 105

久々にオルトフォンのトランス内蔵型SPU が登場!

かつてGシェル内に小型の昇圧トランスを内蔵したSPU GT が存在しました。
復活の声も多いこの特別なSPU がオルトフォン社創立105周年モデルとして発売されます(12月発売予定)。

単なる復刻ではなく、今回は内蔵トランスをトランスメーカーとして名高いスウェーデンのルンダール社と共同開発。Gシェル自体も素材を含めて新しく生まれ変わりました。

ortofon SPU GTE 105 MCカートリッジ(昇圧トランス内蔵) 190,000 円(税別)
https://www.maestrogarage.com/product/4627

2023年11月07日
東京インターナショナルオーディオショウ/TIAS、今年は初日の金曜日が祝日ということで混むことが予想されましたので、最終日の日曜に行ってきました。
今回も店主の独断で、印象に残ったものを中心にご報告させて頂きます。



DENON DP-3000NE

いつも通りエレベーターで一番上に登ってから下りながら回ります。
まずは7階のDENON から。量販店中心の展開のDENON はいつもははしょることが多いのですが、今回は注目の新型アナログ・プレーヤーDP-3000NE がありますのでお邪魔しました。
実にまっとうなプレーヤーで、当店おススメ。大きな部屋は満員で、これまた実にまっとうな音でデモしていました。



ortofon SPU GT 150

5階のオルトフォンでは新型SPU であるSPU GTE 105 が展示されていました。これは一体型のSPU ヘッドシェル内に昇圧トランスを内蔵したもので、かつてのSPU GT の待望の復活となります(年内発売予定)。



Phasemation MA-5000

Phasemation では2年ほど前から試作機を参考展示していた大型モノブロック・パワーアンプMA-5000 を正式展示。211 真空管をパラレル・シングル動作させ45W の出力を発揮。
sonus faber の大型スピーカーを瑞々しい美音で楽々鳴らして、さすがのサウンド。但しお値段は1,300万円(税別)と、こちらも破格。



Revival Audio SPTINT 3


Revival Audio ATALANTE 3

エレクトリのブースでは、新しく輸入が始められたフランスRevival Audio の小型スピーカーが展示されていました。
落ち着いた木目を活かしたオーソドックスなスタイルで、価格も18万円,44万円(ペア、税別)とお手頃。ホッとします。



JUNONE M845(参考出品)


JUNONE ReferenceⅡ(参考出品)


TRIODE TRS-34(参考出品)


GOLD NOTE Pianosa

トライオードのブースはいつもながら大盛況。今回は新製品目白押し。

目玉は、まだ試作機による参考出品ながらトップラインJUNONE の大型モノブロック・パワーアンプM845 とプリアンプREFERENCEⅡ。とくにM845 は845 真空管をプッシュプル動作させて何と120W(?)もの出力を絞り出すという強者。前日にはこのアンプで撮り鉄・山崎社長お得意の蒸気機関車爆音デモを1時間にわたって敢行、大盛況だったとか。完成が待ち遠しい製品です。

一方、トライオード本来のお手頃アンプも忘れてはいません。
これも試作機ながら、EL34 プッシュプルによるインテグレーテッドアンプTRS-34 を展示。これでスペンドールの一番大きなスピーカーを朗々と鳴らしていたのには驚きました。10万円台となる模様。

さらに輸入ブランドに加わったのが、イタリアGOLD NOTE。手始めにアナログ・プレーヤー,フォノイコ,MCカートリッジが発売されます。



SOULNOTE A-3

SOULNOTE も大盛況。設計者(&広報責任者?)の加藤氏の熱い(暑い?)語りもいつも通りの大人気。
今年の目玉は最上級インテグレーテッドアンプA-3。すっかりデモ用スピーカーとして定着したYG ACOUSTICS で鳴らしていました。今回のショウでも指折りのサウンド。



MONITOR AUDIO HYPHN

4階では、ナスペック・ブースのMonitor Audio に目新しいスピーカーが。このHYPHN ハイフンは、モニターオーディオの技術陣が価格の縛りをせずに理想のスピーカーを創るというプロジェクトの産物だそうです。
ちょっとレトロな一つ目宇宙人襲来、みたいでもありますが音は実にまっとうで、クリアながら不思議と優しい、押しつけがましさのないところが好印象でした(価格未定)。ドライヴするのはギリシャの注目株、ピリウム。



LUXMAN LTA-710


LUXMAN NT-07 network transport

ラックスマンのブースも常に満員盛況。
アナログでは先頃お目見えしたアームレスプレーヤーPD-191AL,トーンアームLTA-710 を展示。
同社初のネットワーク・トランスポートNT-07 も注目のニューカマー。年内にもスタートする予定のフランス発のストリーミング・サービス、Qobuz も見据えての発売。
トランスポートとしたのは、高音質のDAC を備えた機発売のCD/SACD プレーヤーとの組み合わせを想定してのことでしょう。



MARTEN Mingus Septet (Statement edition)

ステラ/ゼファンの大きなブースでは、ちょうどMARTEN の大きなスピーカーMingus Septet が鳴っていて、本国スウェーデンからマーテン3兄弟が来場、自社の紹介を行っていました。次男のレイフが創業者で設計も担っています。
目の覚める中高域は素晴らしいですが、約2千万円と流石に高過ぎるかなあ。

その他、見落としていましたが、開発中のTechDAS 製トーンアーム Air Force 10 も実演中だったそうです。



KLAUDIO Magnezar

ノアのブースでは、クラウディオ初となるターンテーブルMagnezar が参考展示されていました。
20kg もあるプラッターを磁気浮上させているのは珍しくはありませんが、びっくりしたのは全自動でプラッターの周辺がせり上がり、レコード盤の縁をクランプする機構。いわゆる外周スタビライザーです。
価格未定ながら、これも相当な金額でしょう…。



EAR M1(外観は暫定)

ガラス張りの渡り廊下を渡って、G棟5階へ。
ヨシノトレーディングでは、新たなプロトタイプEAR M1(仮称)がデモされていました。
かつてのAlchemist の流れを汲むようでもあり、故ティム・デ・パラヴィチーニ氏の残した回路設計を基に完成されたオール・トランジスタによるインテグレーテッドアンプです。
価格は未定ながら、来年発売の予定。期待大!



BOULDER 1160


BOULDER 1161

天井の高いアクシスのブースでは、FYNE AUDIO のスピーカーでデモ。
米国の名門アンプメーカーBOULDER ボルダーは新たにアクシスが輸入代理店となりました。



エアータイト謹製前掛け(モデル:エアータイト営業部長、すーさん)

エアータイトのブースもいつも以上の賑わい、盛り上がり。というのも、三浦社長が得意のロックの名盤をかけまくるコーナーの真っ最中だから。
アンプはもちろん、ATM-2111 モノラル・パワーアンプとATC-7 プリアンプ、今回スピーカーにはアヴァロンとアヴァンギャルドが用意されていました。
スカッと脳天まで抜けるブリティッシュ・ロック・サウンドにアヴァンギャルドやるなあ、と思ったら、どっこいその隣のアヴァロンが鳴っていてビックリ。いつもの理知的な表情が豹変、全ての音がシャウトしています。
レコードをかけながら頭を揺すってリズムをとる三浦さん、腰に藍色の前掛けを結んでいるので、もうバンド活動にのめり込む造り酒屋の2代目にしか見えません(失礼)。
ところでこの酒屋風前掛け、何とエアータイトのホームページで絶賛販売中!
さらにエアータイトを支える「エアータイト・レディ」(製造担当)御用達のエプロンもありますので、ファンの方は是非手に入れて下さい↓
https://airtight-anm-ec.square.site/s/shop


ここまできて、輸入オーディオ中心で、普段聴くことの出来ない製品のお披露目が主体となるショウですので、各ブランドのトップモデルが並ぶのは当然ではあるものの、それが例えば1千万円、或いはそれを大きく超えるような高額機ばかり並ぶようだと、一般ユーザーにとっては余りにも感覚がかけ離れてしまうのも確かで、もっと身近にワクワク感じられる経験も増やしてもらいたいとは感じました。
オーディオ市場、多少は盛り返したとは言うものの、現在の国内の経済力弱体化、ひいては収入の低さは如何ともしがたく、そのせいで額面以上に価格が高く感じられるのも確かです。
こればかりは一朝一夕には改善するものではありませんが、少しでも景気が上向いて実際に欲しい新製品を購入出来る機会が増えれば、こうしたショウも身近となり、もっと賑わいを見せることでしょう。

ところでこのTIAS、来年は東京フォーラムの改修のため、会期が真夏の7月となるそうです…。
2023年11月05日



カーヴ補正

ホントに痒いところに手の届くFIDELIX、今回の「フォノカーブ・アジャスター」は今までにない発想の、独立したフォノイコライザー・カーヴ調整ユニットです(12月中旬出荷予定)。
気に入って使っているフォノイコで、モノラル時代のレコードを聴く際にRIAA カーヴ以外の補正カーヴで再生したいという場合に好適。

フォノイコとプリアンプとの間に入れて、ラインレベルでイコライジング補正するというものです。つまり、RIAA カーヴを中心(=フラット)にこれに低域,高域に補正を加えて、FFRR(DECCA),COLUMBIA,AES,NAB,RCA,SP などのカーヴを作り出すわけです。

しかもアンプや電源を使わないパッシヴ素子のみで構成されていますので、これを入れることによる音質変化も最小限に抑えられています。

パッシヴということもあって小型で安価、モノラル盤はまずこれでスタートというのもありです。

FIDELIX PCA-25 フォノカーブ・アジャスター 54,000 円(税別)
2023年11月02日

PIANOSA analog player


PH-10 phono stage


Donateloo Gold MC cartridge

イタリアのメーカー、Gold Note ゴールドノートの輸入が開始されます(輸入代理店はトライオード)。

Gold Note は2012年創業のイタリアはフィレンツェを拠点とするオーディオメーカーで、アナログ関連からCDプレーヤーなどデジタル・ソース,アンプ,スピーカー,ラックやケーブルなどのアクセサリーまで、幅広くラインナップしています。

まずは、このブランドのオリジンであるアナログ・プレーヤーとその関連機器からの導入です(12月発売予定)。

Gold Note

Pianosa アナログ・プレーヤー 545,000 円 *外部強化電源 PST-10 180,000 円
PH-10  フォノステージアンプ  300,000 円
Donatello MCカートリッジ  180,000 円

(以上、税別)
2023年10月16日

TRIODE TRV-A150XR

最近、上級プリアンプを発売したばかりのTRIODE トライオードから、今度はレギュラーシリーズのニューモデルが発売されます。

プレミアムシリーズのMUSASHI で初めて採用された大型出力管、KT150 を使ったのはレギュラーシリーズとしては初となります。
このKT150 をA級シングル動作させて18W/ch と十分なパワーを得ています。

MM対応のフォノイコも搭載。

TRIODE TRV-A150XR インテグレーテッドアンプ 330,000 円(税)
2023年10月10日


JBL TT350

JBL のクラシック・シリーズに新たにアナログ・プレーヤーが加わります。
クラシック・シリーズは往年のテイストを盛り込んだスピーカーのL100 Classic,L82 Classic,L52 Classic が人気を博していますが、これらに加えてアンプやCDプレーヤー,アナログプレーヤーなどが順次発売されていきます(10月~冬)。

なかでもアナログ・プレーヤーは目新しく、手頃な価格のなかなかデザインコンシャスな製品に仕上がっています。日本でも受け入れ易いユニヴァーサルアームを搭載しているところも好感が持てます。

全体をクラシック・シリーズで組むと、粋でどこかちょっと懐かしいシステムの出来上がり!

JBL

TT350 アナログ・プレーヤー 130,000 円
SA550 インテグレーテッドアンプ 230,000 円
CD350 CDプレーヤー 90,000 円
MP350 デジタルメディアプレーヤー 100,000 円
(以上、税別)


SA550 integrated amp


CD350 CD player


MP350 stremer
2023年10月01日

LUXMAN PD-191AL


オプションのアームベース

LUXMAN ラックスマンのアナログ・プレーヤーにいよいよアームレスモデルが加わりました(10月発売予定)。
新旧様々なトーンアームに対応する7種類ものアームベースを用意するというのは、さすがユーザーフレンドリーなラックスマンならでは。

また同時に、SAEC 社と共同で開発したオリジナル・トーンアームの力作、LTA-710 も単体で発売されます。

ラックスマンのアナログへの取り組み、半端ではありません!


LUXMAN LTA-710

LUXMAN

PD-191AL アナログ・プレーヤー(アームレス)  660,000 円(税別)
LTA-710  トーンアーム(10インチ)       320,000 円(税別)
2023年09月25日

Aurorasound AFE-12

Aurorasound から初のMCカートリッジ用昇圧トランスが発売されます(10月1日発売)。

オーロラサウンドなら当然、内蔵トランスはスウェーデン・ルンダール社製。
負荷インピーダンスをスイッチにより3段階に設定出来ます(Low/Mid/High)。

良心的な価格も嬉しいですね。
ご注文受付中。

Aurorasound AFE-12 MCトランス 77,000 円(税別)

製品詳細,ご注文はコチラ↓
https://www.maestrogarage.com/product/4563
2023年09月13日



DENON DP-3000NE

【速報!】

DENON から待望の本格アナログ・プレーヤー DP-3000NE が発売となります(10月初旬発売予定)。

モデル品番を見てピンときた方はヴェテランマニア。かつてアナログ・プレーヤー全盛期にDENON(当時はデンオン)を代表するプレーヤーと言えばフォノモーターのDP-3000 を中心に組んだプレーヤー、かくいう店主も少し前まで愛用していました。

この「名背番号」を背負った新製品となれば、自ずとDENON のこの新プレーヤーにかける意気込みが伝わります。
駆動方式は現在主流のベルトドライヴではなく、かつてのDP-3000 フォノモーターを踏襲するダイレクトドライヴとしたのもごく自然な流れといえます。

さらに重要なトーンアームには、これもかつての名機DA-309 を彷彿とする新アームを開発して搭載しています。
キャビネットには積層合板ではなく、当時まだ無かった高密度のMDF を使ってよりソリッドに仕上げ、角を緩やかに落とすなどデザイン的にも巧妙にモダナイズされています。

これだけ全くの新設計でこの価格は少々驚き、手の届く本格アナログ・プレーヤーを探している方を中心に人気が出そうな予感!

只今ご予約受付中。

DENON DP-3000NE アナログ・プレーヤー 350,000 円(税別)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 19 次のページ»