アナログ・プレーヤー関連なら何でも揃う専門店



ホームWhat's NEW ~ニュース~
What's NEW ~ニュース~
What's NEW ~ニュース~:284
«前のページ 1 ... | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15
2012年12月25日

長らく旧ホームページ流用でご迷惑をお掛けしていましたが、ようやく店舗と同じく、一新致しました。

アナログ・プレーヤー関連商品から順次ページ上に登録、並べていますがまだまだ時間が足りません。そのためジャンルによってはまだ何も載っていないカテゴリーも多いですが、取扱いは何でも可能です。ご検討の製品がございましたら、どうぞ何なりとご相談下さい。

当店のお奨めは新商品ばかりではありません。
むしろ長期に渡り色褪せず、存在価値を維持するロングラン・モデルこそ真に価値ある製品と考え、積極的にご紹介していきます。

中古アナログ・レコードもまだほんの一部の掲載ですが、順次増やしてまいります。
まずは気軽にお試し頂けるワンコインならぬ”ONE BILL” レコード(千円以下)を多く並べましたので、ご興味あるタイトルが見つかりましたらこの機会にぜひお試しを。
毎週新入荷をアップしていきますので、お見逃しなく!

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
2012年12月24日
「映画音楽だけじゃない、コルンゴールドの魅力」―終了しました

リニューアル・ウェブサイト公開に合わせて、こじんまりとではありますが新春からレコード・コンサートの開催を始めます。もちろんかけるのはアナログ・レコードのみ。
暇つぶしにでもお越し頂ければ幸いです。

コルンゴールド(コルンゴルト)、Erich Wolfgang Korngold(1897~1957、オーストリア)をご存知ですか?

近年は再評価の機運もあり、CDも増えてきましたので、作品を聴くのも難しくはなくなってきました。早熟の天才として、同国のモーツァルト(同じくヴォルフガンク)の再来、とも称された作曲家です。
11才にしてバレエ音楽、10代後半では2曲のオペラを作曲(うちひとつが今回のコンサートでも取り上げる「ヴィオランタ」)、R.シュトラウスやシェーンベルクらのいる当時のウィーンで、30才にして早くも第一級の作曲家の仲間入りを果たします。
その後ハリウッドからの誘いを受けて、映画音楽でアメリカでも大成功を収めますが、ナチス・ドイツの台頭でユダヤ人であったコルンゴールドはアメリカに亡命、運命の歯車が狂い始め、戦後はウィーンの楽壇に受け入れられずに、志とは違ってハリウッドで映画音楽の作曲家として生涯を終えることになります。

N饗など国内で取り上げられる機会も増えて、中では最も知られたヴァイオリン協奏曲(ちょっと懐かしいウルフ・ヘルシャーのヴァイオリン)とともに、私の好きな、シェークスピアの「から騒ぎ」に附けた劇音楽組曲、歌劇「ヴィオランタ」からなど、第1回目としてはかなり「身勝手」な内容ですが、そこは独断的コンサート、興味本位でお聴き頂きましょう。

それにしても、まるでウィーンのザッハートルテのように甘く濃厚なコルンゴールドの音楽、何とレコードとの相性の良いことか…!

1.開催日・開催場所: 2013年1月13日(日)、3:00PM~/マエストロ・ガレージ

2.使用予定レコード:

  • コルンゴールド/劇音楽「から騒ぎ」組曲 S.ランドー/ヴェストファーレン交響楽団 (英TURNABOUT TVS-37124) 
  • 歌劇「ヴィオランタ」 E.マートン/W.ベリー、M.ヤノフスキー/ミュンヘン放送管弦楽団 (米CBS 35909)
  • ヴァイオリン協奏曲 U.ヘルシャー(Vn)、W.マッテス/シュトゥットガルト放送管弦楽団 (独ELECTROLA 1C 065 -02460)

2012年06月01日

EARClearaudioNottinghamなど、特にアナログ派には魅力的なブランドを擁するヨシノトレーディング輸入商品の取り扱いを開始しました。

現在EARの代表的ロングセラー、管球プリの834Lを常時試聴展示中。様々な組み合わせでの試聴が可能です。お越しをお待ちしています。

2012年05月15日

[キャンペーン] ROTELのCDプレーヤーRCD-1520をお買い上げの方、もれなく、トップパネル制振処理を行なってお届けします。

大変優れた制振材を贅沢に使い、施工後叩いてみると分かる通り、これが品位向上に一役買っています。店頭展示機にも施工してありますので、是非お確かめ下さい(施工だけでは、お受けしていません。悪しからず)。

«前のページ 1 ... | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15